エックスサーバーX10からwpXクラウドへサーバー移転方法のメモ

運営サイトの一つで、エックスサーバーのX10プランで1年程運営を行ってきましたサイトがありますが、2013年12月頃からアクセスが増加し12万PV程になりました。
画像が多いサイトのためか、スマホなどで閲覧した時には待ち時間が発生し、ユーザビリティ的にマイナス要素が増えて来ていました。
また、他サイトと同じサーバーで運用をしていたので、何かの拍子に全サイトダウンとなるリスクも分散させたいと考え、今回「エックスサーバー株式会社」が2013年にリリースしたWordPress専用サーバーの「wpX」へ移行を行いました。

途中かなりトラブルが発生し、サーバー移転は順調では無かったのでメモしておきます。

WordPress運用サーバーの移転経緯

移転元サーバーでの課題

エックスサーバーに落ち着いて2年程度使っていました。今回移転対象になるサイトは1年程ほ運用ですが、サーバーダウンなども一度もなく非常に安定しており気に入っていました。
その前はロリポップやサクラ、CORESERVERなど、安価で有名な所はひと通り使いましたが、エックスサーバーはこういったサーバーとは使い勝手、安定性ともに劣る部分はありません。

しかし、PVの増加に伴いWordPress管理画面が重くなり、サイト閲覧時の待ち時間も発生するようになりました。
負荷だけで考えれば、30万PVほどは耐えられると思いますが、急激にトラフィックが増加した場合などに同一サーバーで運用している他サイトへ影響が出る可能性が高い為、思い切って移転する事としました。

なぜwpXにしたか

共用型のサーバーを使っている間はエックスサーバー社以外に変更する理由は見当たりません。
サポートもコスパも高く、何より安定している為です。

その為、移転を検討したのは、X10上位サービスである同社のシックスコアと、2013年にリリースされたWordPressに特化した「wpX」の2つでした。

新しいサービスの方が、旧来のサービスでの改善点が盛り込まれていそうなので、感覚的にはwpXにしたいと思っていたのですが、口コミなどを見てみると、
速度などは早くなるが、癖がある
などの書込があり正直迷いました。

まだ新しいサービスでレビューも少なかった為、サポートセンターに直接聞いて見ると、私のような感じの場合はwpXの方が速度を体感出来るのでオススメとの事。

wpXは「wpXレンタルサーバー」と「wpXクラウド」の2サービスがあり、その違いは「wpXクラウド、wpXレンタルサーバーの違い|エックスサーバー社長ブログ」で詳しく書かれていますが、要点をまとめると

  • クラウドもレンタルサーバーもWordPressでしか運用出来ない
  • クラウドはメールが使えない
  • マルチドメインでの運用が出来ない
  • クラウドはサイトの成長に合わせ、移転なしでサーバーの増強が可能

今回移転するサイトは、今後拡大させる予定なので、拡張が簡単なwpXクラウドへの移転を決めました。

移転方法

wpXクラウドの申込

wpXへアクセスし「クラウド」のタブを選択します。
wpXレンタルサーバーキャプチャ

申込の流れは割愛しますが、先に申込をしておいた方が、DNSの反映などがスムーズに行えます。
また、「無料14日間お試し」では持ち込みドメインの設定が出来ない為、すぐに使用する場合には、決済までを完了する必要があります。

旧サイトのバックアップ

FTPでダウンロード
FTPソフトで旧サーバーへアクセスし、ルート階層の「htaccess」と、WordPress階層の「wp-content」をダウンロードします。
※私の場合、WordPressをルートに置いていないので、上のキャプチャでは「wp-content」が表示されていません。

「wp-content」内にはプラグインやWPテーマ、アップした画像などが入っていて、容量が大きいので、何回かにわけで確実にローカルにコピーしておいてください。

データベースのバックアップ

旧サーバーのエックスサーバーへログインし、エックスサーバーパネルを開きます。
エックスサーバーパネル
対象ドメインを移転するドメインへ変更し、phpmyadmin(MySQL5)のリンクから進みます。

wpx4
phpmyadminにログインしたら、左上にログインした時のデータベース名のリンクがあるので、クリックします。
information_schema では無い方。

バックアップ
タブで「エクスポート」が現れるので、クリックするとキャプチャの画面になります。
「DROP TABLE / VIEW / PROCEDURE / FUNCTIONを追加」と「ファイルに保存する」にチェックを入れて、「実行する」をクリック。
※ファイル容量が大きいと時間がかかる場合があります。

wpXクラウドのドメイン設定

wpx管理画面
申込後のメールにwpX管理画面のログイン情報が記載されていますので、管理画面へアクセスします。

ドメイン設定
「ドメイン名」に移転するドメインを入れます。
次にこのドメインがあなた所有のものであるか認証を行いますが、「Whois認証」はDNSが切り替わってしまいますので、「WEB認証」や「メール認証」で進めます。

WordPressのインストール

新規インストール
私は既にWordPressがインストール済みなので、メニューから消えていますが、キャプチャの矢印部分に「新規インストール」のメニューがあると思うので、クリックします。

ページが切り替わり、ブログ設定を入力するページになります。
「WordPress ID」「ブログタイトル」「メールアドレス」は、旧サーバーからのデータで上書きされますので、適当で構いません。

インストールが完了すると、サイトURLと、WP管理ページのURL、ログイン情報が表示されます。

注意:この時点でドメインのDNSは旧サーバーを向いているので、新サーバーにはアクセスする事が出来ません。

新旧サーバーともダウンさせない方法

管理画面上からデータベース、FTPからファイルを上げればデータの移動は完了しますが、DNSを切り替えて新サーバーが正常に動かない事も当然あります。
DNSを切り替えても2、3日間はどちらのサーバーにも正常にアクセス出来る状態にする事で、ダウンタイム無しに移転を行う事が出来ます。

それを行う為に、SwitchHostsというFirefoxのアドオンを使うと便利です。
このアドオンは、自分のPCからだけは指定したIPアドレス上のサイトにアクセスする事が出来るツールで、有効無効の切り替えも2クリックで出来てしまう便利品。

まず、FirefoxアドオンページからSwitchHostsをダウンロード・インストールします。
Firefoxが無い場合はインストールしてください。

インストールし終えたら、Firefoxツールバーから、「ツール」→「SwitchHosts」→「始める前に」を選択。
ウィンドウが出てくるので「インストールを完了しますか?」→OK
「~~にバックアップしてあります」→OK

SwitchHosts1
使用準備ができたら、設定を開始します。

SwitchHosts設定
ホスト名に今回移転するドメイン(http:// は無しで可)、IPアドレスは新サーバーのアドレスを入力します。
wpXクラウドでは、

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

2014/04/09 | アクセスアップ

関連記事

広告

アクセスアップ≠売上増ではない広告に頼らない事

こんな放置ブログでもコンサルティングのお問い合わせを週に2,3件頂いて...

記事を読む

ブログ アクセスアップ

ブログのアクセスアップ実現するならコンセプトから見直す

ブログコンサルティングのサービスを公開してから、1年程が経ちましたが、...

記事を読む

行き詰まったら相談しましょう

ブログの移転/アクセスアップのコンサルティングを始めようかと思います

現在は実店舗を持っている企業、個人事業主様に限定し、WEBコン...

記事を読む

PV率が14%向上

ブログのメニューを左側にするとPV率が14%増加!StingerのCSSカスタマイズ

僕が運営するメインのブログでもStingerを使っていますが、デフォル...

記事を読む

滞在時間

滞在時間を伸ばすオリジナルコンテンツの作り方

運営するサイトのアクセス解析を取っていると、色々な事が分かり、その...

記事を読む

新着記事

オリジナル商品

オリジナル商品は安売りするな!売価を高くして売れる理由作り

ネットが無い時代なら、顔なじみのお店で、家電製品を買うことも普通だった...

記事を読む

ラーメン彩

麺や彩〜iro〜 川越のスタイリッシュなラーメン店

川越駅東口から三番町通りをまっすぐ10分弱歩いた所にある麺や彩〜iro...

記事を読む

都幾川

都幾川は子供も安心して川遊びができる地元スポット

嵐山渓谷から東松山市へと流れる都幾川。 川越から60分ほどの距離...

記事を読む

独立起業

10年間一生懸命努めた会社を辞め個人事業主に

このswat9を始めたのは2011年。SEO全盛期とも言える時代だった...

記事を読む

ネット集客

実店舗のネット集客はリソースの集中と継続性が大事

WEBコンサルティングサービスを最近、実店舗展開されている方に限定した...

記事を読む





オリジナル商品
オリジナル商品は安売りするな!売価を高くして売れる理由作り

ネットが無い時代なら、顔なじみのお店で、家電製品を買うことも普通だった...

ラーメン彩
麺や彩〜iro〜 川越のスタイリッシュなラーメン店

川越駅東口から三番町通りをまっすぐ10分弱歩いた所にある麺や彩〜iro...

都幾川
都幾川は子供も安心して川遊びができる地元スポット

嵐山渓谷から東松山市へと流れる都幾川。 川越から60分ほどの距離...

独立起業
10年間一生懸命努めた会社を辞め個人事業主に

このswat9を始めたのは2011年。SEO全盛期とも言える時代だった...

ネット集客
実店舗のネット集客はリソースの集中と継続性が大事

WEBコンサルティングサービスを最近、実店舗展開されている方に限定した...

→もっと見る




PAGE TOP ↑