ビジネスお役立ちGoogleスプレッドシートアドオン2019

数年前までは遅くて使う事のなかったGoogleスプレッドシートも、久々に使ってみると、非常に使いやすいツールになっていてびっくり。

2018年から1年間使ってみて、既にエクセルを超えているのでは無いかと思うほどですが、アドオンを使う事で、さらなる利便性を無料で得る事ができます。
最近使ってみて「これは!!」と思ったものをご紹介します。

MessageCloud Send & Receive SMS, & HLR Lookup

MessageCloud Send & Receive SMS, & HLR Lookupはスプレッドシート上から携帯電話にSMSが送信できるスグレモノ。
電話番号を記載した列と、メッセージの列を用意すれば、簡単に利用する事ができます。
日本国内で使用する場合は、番号の最初に0を付ける必要があります。

Mapping Sheets

Mapping Sheetsは、スプレッドシート上に入力した住所をまとめてグーグルマップ上にPINを作る事ができるアドオンです。

例えば、既存顧客のリストや新規訪問先などを登録しておけば、近くに行った時に寄ったりできますし、もちろん共有する事ができるので、営業チームでの活動に大いに役立ちます。

Lucidchart Diagrams

Lucidchart Diagramsはスプレッドシート上で扱う事のできるマインドマップツール。
デザイナーの方でワイヤーフレームを使う方にも便利なアドオン。

Lucidchart Diagrams

Lucidchart Diagramsは、いろいろな便利ツールが格納されたアドオン。
1クリックで、行列の固定ができたり、セル内のスペースを削除したりと、かゆい所に手が届く。

Google Analytics

Google Analyticsはアクセス解析ツールのグーグルアナリティクスから見やすい形式でデータをインポートし、グラフの自動作成などまでを行えるアドオン。

予め設定をしておくことで、特定の日時にデータを自動更新したりする事もできるので、手間なく最新の情報を、見やすい指標で確認する事ができます。

参考:GoogleアナリティクスAPIを使ったレポート作成でフィルターをまとめる方法