サッカー好きな店舗経営者に向けたMEOとSEOの違い

MEO対策について分かりづらいと感じたことはありませんか?

SEOは、聞いたことあるけどMEOって何??と思っている方も多いと思います。

ネットでMEOと検索すると「MEOの施策」「MEOで上位表示させるコツ」などがヒットします。

「インターネットの知識がない」と感じている方はどれも同じことが書いてありどれを信じればいいのか迷ってしまうと思います。

実は、自分も昔はそうでした。

今回サッカー選手に例えて、MEO・SEOの違いについて紹介しますが、なぜサッカーに例えようと思ったのか?

それは、昔から続けている趣味がサッカーだからです。僕は昔からサッカーしかやってきませんでした。プロを目指し単身ブラジルに渡りプロ契約までした経験があります。プロ生活が長く続くことはなく帰国しインターネット業界に就職しました。

何も分からない状態からウェブ知識を学んだのです。

単純に時間だけが解決し今に至るわけではなく、必死になって勉強をしました。

勉強するなかで感じたことは、何かに置き換えて考えてみると分かりやすいかも「あれ、サッカーに例えられるのでは??」と思ったのがきっかけです。

日本でもサッカー好きな方は多いと思います。そんなサッカー好きな方が分かるように、サッカーに例えて、Webも学んでいけば、覚えるスピードも違うと体感しました。

サッカーに例えて記事を書きますのでサッカー好きでお店の経営をしている方に、ぜひ集客に活用してもらえたらと思います。

MEOとSEOとの違い

MEOとSEOの違いを簡単に言うと「マップ」と「検索」の違いになります。

他にも違いはありますが、MEOとSEOの違いをサッカーに例えて想像したとき何を思い浮かべますか?

人それぞれだと思いますが、僕が想像できたのはメッシとマラドーナです。

二人とも同じアルゼンチンが母国しかも左利きです。

マラドーナはバロンドールの受賞はありませんが・・・

そんな想像できたメッシとマラドーナをMEO、SEOに例えて記事を書きたいと思います。

メッシは現在、32歳(2020年5/7時点)アルゼンチン国籍ですが、幼少期からスペインに住んでいるので、スペイン国籍も持っています。所属しているチームは、スペインのバルセロナです。

一方で、マラドーナは現在59歳(2020年5/7時点)メッシと同じアルゼンチン国籍です。今は母国アルゼンチンにいますが最後に所属していたチームはボカジュニアーズというアルゼンチンで有名なチームになります。

メッシとマラドーナが所属している(していた)チームはことなります。同じように、MEOとSEOが表示される場所もことなることをまず理解しましょう。

マラドーナ(SEO)

メッシ(MEO)

メッシ(MEO)とマラドーナ(SEO)は国籍・利き足が共通していますが、在籍していたチーム(表示場所)が違います。チームが違うため求められる役割や目的も変わります。

MEOとは

MEOはMap Engine Optimizationの略で主にGoogle Mapに対する最適化(Googleマップ検索エンジン最適化)の事を表します。メッシもレオという愛称がありますが、MEOも別名ローカルSEOとも呼ばれています。

具体的に、「大宮+飲食店」などの検索ワードでGoogle検索をした際に検索結果に表示されるマップ枠に、対象の店舗情報を表示させるために行う対策のことです。

検索結果に表示されるマップ枠には、3店舗のみ情報が表示される仕様となっていて(ただしホテルの業種などは4店舗が表示)この3枠内への表示が成功した場合には競合よりも必然的に露出が増えますので、ブランディングの効果を発揮するだけでなく、シェアを刈り取っていくことができます。

SEOとは

SEOとはSearch Engine Optimizationの略です。直訳すると「検索エンジン最適化」となります。さらに噛み砕いて言うと、自然検索からの流入数・CV数を増やすために行う様々な施策のことです。検索エンジンでより上位に表示させたり、よりクリック数が増えるようにしたりするための施策が含まれます。

所属チームメッシー(MEO)マラドーナ(SEO)
Map Engine OptimizationSearch Engine Optimization
チームの目的Googleマップ検索エンジン最適化検索エンジン最適化

具体的に何が違うのか

先程、メッシとマラドーナの違いを紹介しましたが、具体的に何が違うのかを見ていきましょう。

メッシー(MEO)マラドーナ(SEO)
対策範囲が異なる(所属していた・しているチーム)Googleマイビジネスに店舗登録が必要Webサイトが対象
対策内容が異なる(利き足は左足)内部対策と外部対策があり内部対策と外部対策があり
 ・内部対策
(チームでのポジションの役割)
・Googleマイビジネスに漏れなく情報を入力する
・Googleマイビジネスに常に最新情報が掲載されているようにする
・特定のキーワードに対する関連性を高めるなど
・URL正規化
・サイト構造の適正化
・コンテンツ制作
 ・外部対策
(チームでのポジションの役割)
・ユーザーに口コミの投稿を依頼する
・サイテーションを設けるなど
自然な外部リンクの獲得など
対策費用に差がある(年俸)・安価で取り組める
・人的リソースが少ないため
・安価で取り組めない
・人的リソースが必要
どちらの施策を取り入れるべきか?(活躍した時代)実店舗を運営している企業に最適な施策比較的、短期間で結果を出したいときはおすすめ

対策範囲が異なる

メッシとマラドーナは所属している※チーム(対象となる範囲)が違います。

※マラドーナは現役を引退しているので「していた」になります。

メッシは、13歳にしてバルセロナの入団テストに合格しました。

当時メッシは、成長ホルモンの分泌異常の症状があり、治療費を払うのが困難な日々が暮らしていたのです。

そこでバルセロナの入団テストに合格し、家族揃ってバルセロナへの移住を条件に治療費をバルセロナが全額負担するという契約をしました。

入団テストの際バルセロナ側では契約書を持っていなかったため契約を逃したくなかったことが背景にあり、紙ナプキンに契約を書き留めたという話があります。

メッシ(MEO)がナプキンに契約を書き留めたように、Googleマップに店舗を表示させるためにはGoogleマイビジネスに情報を登録(契約)しなければなりません。

(Googleマイビジネスに情報を登録は無料でできます)

一方マラドーナ(SEO)の対象はWebサイトです。まずここがメッシ(MEO)とマラドーナ(SEO)の相違点になります。

対策内容が異なる

メッシ(MEO)とマラドーナ(SEO)では、チーム(表示場所)が違うため対策内容がことなります。

チームでプレーするポジションの役割を対策内容として考えると分かりやすいです(一例)

MEO対策の内部対策
・Googleマイビジネスに漏れなく情報を入力する
・Googleマイビジネスに常に最新情報が掲載されているようにする
・特定のキーワードに対する関連性を高めるほか

MEO対策の外部対策
・ユーザーに口コミの投稿を依頼する
・サイテーションを設けるほか

一方、マラドーナ(SEO)の内部対策と外部対策はおもに以下のようになります。

SEO対策の内部対策
・URL正規化
・サイト構造の適正化
・コンテンツ制作
・ほか

SEO対策の外部対策
・自然な外部リンクの獲得
・ほか

マラドーナが現役のときは、フォワードまたはミッドフィルダーのポジションでプレーすることが多かったです。マラドーナとは違いメッシのポジションは、トップ3枚の右サイドになります。マラドーナより攻撃的なポジションです。

ポジションが少し違うだけで、役割もことなります。

同じようにMEOとSEOも役割(対策内容)が変わります。

対策費用に差がある

メッシとマラドーナは年俸にも違いがあります。

  • マラドーナの年俸総額は63億2700万円 
  • メッシの年俸総額は646億2400万円(2020年5/7時点)

と大きな差があります。

同じように、メッシ(MEO)とマラドーナ(SEO)とでは、対策をする費用に大きな開きがあります。

メッシ(MEO)はマラドーナ(SEO)に比べて掲載順位を上げるためのリソースが少なく済みます。

一方で、マラドーナ(SEO対策)は多くの場合SEOエンジニアやWebデザイナー、コーダー、ライターなどの人的リソースが必要になります。

そのため、メッシ(MEO対策)はマラドーナ(SEO対策)ほど人的リソースを使わずに済むので安価に対策に取り組むことができます。

一般的にメッシ(MEO対策)は3万円~、マラドーナ(SEO対策)は10万円~実施できることが多いです。

どちらの施策を取り入れるべきか?

活躍していた時代が違いますが当時のメッシとマラドーナが2人同じチームだったらどんなサッカーになったのかワクワクします。

フォーメーションも今と昔では違いますしサッカー自体も進化しているので、興味深いサッカーになると思います。

もし、MEO対策とSEO対策を取り入れるべきか?となったら、同時に取り入れることをおすすめです。

メッシ(MEO)とマラドーナ(SEO)は、チームの役割(対策内容)が変わります。

メッシ(MEO)は「地域+業種」で検索したユーザーに効果的な広告・宣伝ができる施策です。お客様は必ずしもそのボックスに表示された店舗情報だけを見るわけではありません。

お客様のなかにはWebサイトが表示されている部分をチェックする人もいます。そこに自社の公式サイトが表示されていたらどうでしょうか。

より多くのお客様に自社の店舗情報を見てもらうことができます。そのため、おすすめはメッシ(MEO)とマラドーナ(SEO)の両方を実施することなのです。

お店によっては費用や自社リソースの部分に課題があると思います。

そんなときは自社の業種を考慮しどちらかを取り組むことをおすすめします。

監督視点の話になりますが、取り組むに当たってメッシ(MEO)とマラドーナ(SEO)のどちらを使いこなせるかが重要になり「どのように活用していくか」の戦術が必要になります。

例えば、メッシが所属するバルセロナは現在4-3-3というフォーメーションをチームで採用しています。この4-3-3の場合、メッシのポジションは、3トップの右サイドになります。

バルセロナは、ボールポゼッション(ボール保持率)を重要視するシステムのため、メッシ自体の守備は緩和されます。メッシは右サイドにポジションを取るため、左足でドリブルし中に切り込んでシュートができるメリットもあります。

一方で、マラドーナの現役時代は、3-5-2の採用が多かった印象です。3-5-2のフォーメーションの場合、中盤5枚のうち1番ゴールに近いポジションになります。当時のフォーメションのトレンドは3-5-2でした。マラドーナの一人の技術で試合をコントロールする力があり、マラドーナにボールを集める戦術が当たっていた印象です。そもそもマラドーナに一人で試合をひっくり返す力があり結果的に、ワールドカップで優勝できたと思います。

お伝えした通りメッシやマラドーナにも役割や個性があります。

どのように使うかが重要で監督次第になります。メッシがバルセロナで活躍しているのは有名ですが、代表戦になると力を発揮仕切れない試合をよく見かけます。(それでもすごいですが…)代表戦は、マラドーナと同じ中盤5枚の1番ゴールに近い位置でプレーする機会が多いみたいです。

このポジションでの役割が結果にも影響している可能性が考えられます。

メッシとマラドーナのポジションの役割を例にお伝えしましたが、メッシ(MEO)にも特徴があります。

MEOは実店舗を運営している飲食店や整骨院、歯科医院、美容室、美容サロンなどに有効な対策になります。

ではマラドーナ(SEO)はどうなのでしょうか。マラドーナ(SEO)は長い目で対策していかなければならない点があります。実店舗を運営している企業であれば短期間に結果を出したいときはおすすめできません。

そのため実店舗を運営しているお店や企業はブランド認知やポータルサイトと差別化が取れるMEOに力を入れることをおすすめします。

MEOの必要性

メッシ(MEO)とマラドーナ(SEO)を比較し技術的なことは比較できるかもしれません。ですが、現代のサッカーと過去のサッカーでは選手のレベル、戦術、環境、戦略やトレンドが違うため、マラドーナが現代のサッカーに合うか分かりません。

メッシ(MEO)がここまで話題になっている理由も、現代のサッカーに適しているのと、バルセロナというチームが、ボールポゼッションを重視するチームだからという考えも持てます。

なぜMEOが今話題になっているのか?一つ挙げられることはスマートフォンの普及になります。

スマホ集客

スマートフォンの普及により、多くの方がスマートフォンでインターネット検索やSNS利用をしていることが分かります。

インターネットが身近になったことから、ユーザーは何処にいても検索を行うことができるようになりました。

外出先で近くの気になるお店を検索したり、自宅や職場から近いクリニックを検索するなど、今まではパソコンを開かないとできなかった検索行動がどこにいてもスマートフォンでできるようになりました。

SEO上位表示の難易度がアップ

メッシとマラドーナの話ではなく、監督の話をしたいと思います。

現代のサッカーは監督により戦術は大きくことなります。

現代サッカーの特徴として、コンパクトな守備組織の構築に、よりプレースピードが高速化していく「ポジショナルプレー」の傾向があります。

その「ポジショナルプレー」の最先端を行くのがマンチェスターシティのサッカーです。

司令塔といった「スペシャリスト」ではなく、複数のポジションを高いレベルで実行する「ポリバレント」かつ状況に応じて複数の原則の中から適切な判断ができる人材へ変化したとも言えます。

「ポジショナルプレー」のようにサッカーの戦術も著しく変化します。

Googleも同じで、ペンギンアップデートやパンダアップデートをはじめとする検索エンジンのアップデートにより、上位表示の難易度が年々上がっています。

上位表示の難易度が上がったことにより、店舗・施設に関連するキーワードにおいて各業界のポータルサイトが上位表示されていることが多くなりました。

このようなことから、店舗・施設に関連するキーワードで上位表示させるには、コストと時間、労力がかかります。

SEOの状況と反し、MEOを実施できるのは、実店舗を持つ事業者のみです。純粋に資金力などで勝負することなく、お店の力で勝負することができます。

ペンギンアップデートとは、 SEOスパムや低品質なリンクを対象としてWebサイトの評価を調整するGoogleのアルゴリズムアップデートのこと です。 このようなペンギンアップデートは、2016年9月23日を機に公によるアナウンスが最後となり、Googleのコアアルゴリズムとして組み込まれることになりました。

パンダアップデートは、2012年7月に実施された、低品質なサイトの掲載順位を下げ、同時に、良質なサイトの掲載順位を上げることを目的としたGoogleのアルゴリズムの変更のことを言います。

ポータルサイトの費用対効果

サッカー選手は監督、チームによって活躍できるできないが関係してきます。

マラドーナの話に例えますが、当時マラドーナはボカジュアーズのチームからバルセロナに移籍しました。バルセロナでは、2年間プレーし2年間で出場が36試合22得点という結果でした。バルセロナに加入した2年後イタリアのナポリに移籍しました。

結果、セリエA優勝2回UEFAカップ優勝1回の立役者となり「ナポリの王様」としてファンに愛され在籍時に着けた背番号10番は永久欠番になっています。

どんな選手でも活躍できるチーム環境があります。同じように集客方法も、環境や場所を考えて取り組むべきだと思います。

業界それぞれにポータルサイトもありますが、掲載費用に悩む事業者も多いのではないでしょうか。

高騰する掲載費にプラスして、ポータルサイトは競合店舗・施設の情報が多くお客様に伝わります。

高い掲載費用を支払って競合店舗と比較検討されることが多くなるので、効率的にお客様を獲得できなくなります。

高騰する掲載費用を払い続ける資金力があれば別ですが、競合が多いエリアでは費用対効果が合わないことが多いです。

このようなポータルサイトへの集客力が低下したこともMEO対策が話題になっている理由になります。

メッシ(MEO)のメリット・デメリット

646億2400万円を稼いでいるメッシにも得意・不得意があります。

メッシ(MEO対策)に置き換えてみると、メリットは下記になります。

メリット

  • MEO対策の競合が少ない
  • お客様の店舗訪問意欲が高い
  • スマホユーザーにアプローチできる

MEO対策の競合が少ない

SEO対策、リスティング広告、大手ポータルサイト(ホットペッパー、ぐるなび、税理士ドットコムなど)は、事業主の方に広く認知されているため競合も多く、広告費用も高くなる傾向になります。

MEO対策は、必要なコストに比べて効果が出やすいコストパフォーマンスの高い対策であると言えます。

お客様の店舗訪問意欲が高い

「浦和 美容室」など「エリア+業種」で検索したお客様に、Googleマップが表示されます。

いち早く浦和(その地域)で美容室を探しているお客様に表示されるということなので、店舗への訪問意欲が高いお客様へ直接的にアプローチすることができます。

スマホユーザーにアプローチできる

スマホ表示の場合「地域+業種」で検索したお客様に対して、Googleマップが画面いっぱいに表示されます。

スマホで検索されたお客様は、Google検索→店舗のGoogleマップ表示→Googleマップアプリに移動と手間を省いた仕様になっています。

また、予約、問い合わせ、電話もGoogleマップ上で完結するので効果的に集客することができます。

デメリット

  • 良い口コミが集まるとは限らない
  • 成果がすぐ出るとは限らない
  • PCの扱いに慣れていない人は難しい

良い口コミが集まるとは限らない

Googleマイビジネスアカウントの情報を最適化しても、店舗での顧客満足度の改善を行わないと良い口コミは集まりません。

また、1度悪い口コミをつけられてしまうと、お店側の都合で口コミの操作を行うことは原則できません。

悪い口コミの削除は、Googleのポリシーに違反したもののみ削除依頼を行い削除することができます。

投稿内容は、実際の体験や情報に基づくものでなければなりません。意図的な虚偽情報の投稿、写真のコピーや盗用、話題に無関係なクチコミ、中傷的な表現の使用、個人攻撃、不必要または不正確なコンテンツなどは、すべてポリシー違反に該当します。こうした行為を見かけた場合は、ご報告ください。

https://support.google.com/contributionpolicy/answer/7422880

成果がすぐ出るとは限らない

MEO対策は、明日や来週からすぐに成果が上がるものではありません。

競合店舗が少ないエリアの場合すぐ効果が出るということもあります。

しかし、一般的にはMEO対策の効果を実感するには1~2ヶ月は必要です。

超短期間(即日〜2週間)での成果をあげようと思う人にはMEO対策は、適した方法ではありません。

1ヶ月~2ヶ月~1年と中長期で集客をしていきたいと行った事業主の方には絶大な効果を発揮する可能性のある集客手法です。

PCの扱いに慣れていない人は難しい

MEO対策は、主にGoogleマイビジネスというアカウントを用いて対策を行います。

具体的な施策として、Googleマイビジネス情報の入力最適化、サイテーション対策など多岐に渡ります。

PCに慣れていない方が独力で、以上の対策を行うのはかなりの手間になるかと思います。

まとめ

今回、メッシとマラドーナを例に、MEOとSEOの違いについて記事にしましたが、物事を例えて考えることは重要なことだと思います。

僕は不器用なので成長速度は遅いですが、一つずつ例えながら覚えて地道にやってきました。

「インターネットに弱いから」と一言で片付けるのではなく、勇気を持って前進してみてはどうでしょうか?

MEOは、実店舗向けに特化しているサービスです。

ポータルサイトのように、競合に埋もれることなく、実力で上位表示できる仕組みになります。

これからスマートフォンの普及はさらに高まることでしょう。

目的意識がはっきりしている方を取り込んで新規集客をしていくにはMEOはおすすめではないでしょうか。