MEOとは?サービスの運用費用と業者比較まとめ

近年、飲食店、美容室、接骨院と実店舗の情報を地図アプリで探すユーザーが増えています。

また検索エンジンそのものも、ローカライズ・パーソナライズされることで、現在地から近いエリア情報を優先して表示されはじめました。

以前からその傾向はありましたが、Googleの検索アルゴリズムの進化によって、その傾向はさらに進んでいます。

そのため、SEOだけで上位表示を狙うよりも、さまざまな媒体を駆使して、総合的に集客力を高めることが必要になりました。そこで今注目されている集客サービスがMEO対策になります。

店舗を経営している方には、オススメの記事になっていますので、これから集客をしていきたい考えがあれば参考にしてもらえたらと思います。

1.MEOってなに

MEOとは??

MEO対策とは、Map Engine Optimizationの略語で、日本語にすると「マップエンジン最適化」となります。

ウェブ上には地図アプリを提供している企業は無数にありますが、今回のMEO対策とは、「Googleマップ」のことを指します。

特にGoogleで検索した場合では検索結果のTOPページ上部に表示されているマップ内にビジネスの情報が表示されます。このビジネスの情報を上位表示させるため最適化させる事をMEO対策と言います。

まずGoogle検索での検索後のマップ表示のしくみを解説します。

検索結果にマップ表示される場合は基本的に検索キーワードか地域や場所とサービス内容×商品によって表示されます。

このような検索キーワードを『ローカルキーワード』と呼びます。

例えば「川越 ラーメン」や「大宮 不動産」と検索した場合、検索結果のTOPページ上部にマップ表示がされます。そのマップ内に検索したキーワードの関連ビジネスが表示される仕組みとなっています。

なぜMEOが話題なの?

MEOが話題になる以前、検索エンジンでは、SEO(Search Engine Optimization/検索エンジン最適化)」を意識して集客に取り組まれる店舗、企業がほとんどでした。しかし、前述でもお伝えしたとおり、Googleのアルゴリズムの進化により、集客方法が変化した経緯があります。

もちろんのことですが、SEOに関しても必要な対策の一つです。今回は、MEOが話題となっている理由が、本題になりますので、具体的なSEOについては、省かせて頂きます。

では、SEOとMEOとの比較について、書いていきたいと思います。

店舗や企業の目的は、売上、そして利益です。

そのために、ネット上には、その店舗となるホームページが必須になります。

(まだまだ、ホームページをもっていない店舗もありますが・・・)

その、ホームページから集客や商品やサービスの販売ために、たくさんの人に来店してもらうために、SEOを気にするわけです。

SEOとは、検索エンジンで、上位表示するサービスをいいますが、上位表示されたらどのような利点があるのでしょうか。

SEOの重要性をデータで見てみましょう。

クリック率を独自で調べてくれた会社の記事がありました。少し前にさかのぼったデータになりますが、2017年のデータでは1位が21.12%、2位だと1位の半分の10.65%、3位以下は下記の通りです。

上位表示ランキングクリック率(CTR)
1位21.12%
2位10.65%
3位7.57%
4位4.66%
5位3.42%
6位2.56%
7位2.69%
8位1.74%
9位1.74%
10位1.64%

参考:Announcing: 2017 Google Search Click Through Rate Study

例えると、1日1万人が来店するデパートがあります。来店率の割合を見てみると、1位のお店には、2100人の来店があり、2位のお店には1000人。3位には700人と、1位と3位は3倍も差があります。

上位表示される重要性が分かっていただいたかと思います。

では、MEOの場合を見てみましょう。

「1.MEOってなに?」で書いたとおり、Googleの検索結果画面上のSEOよりも上位に表示されます。

表示された画面には、住所、電話番号、営業時間やホームページヘのリンク加えて口コミも表示されます。ユーザーが知りたいと思われる情報も一緒に表示される仕様になっています。

私は、美容室もそうですが、接骨院などもこのグーグルマイビジネスを日頃から活用しております。

先程、説明しましたSEOのクリック率を考えると、もちろん、自然検索のSEOでの上位表示も必要です。しかし、そのSEOの上位表示よりも、上位に表示されるMEOサービスはさらに重要といえます。

SEOはホームページの集客力を高めますが、MEOは実店舗への集客力を高めます。地域性があるビジネスで、店舗への集客を考えている企業やお店は絶対必要な対策です。

MEOはコスパが高い

まず、無料の「Google マイビジネス」に登録をします。Googleマイビジネスページの生成とオーナー確認作業をすれば準備を完了できます。

またストリートビュー(旧:インドアビュー)の撮影及び掲載についても、初期費用のみでランニングコストは不要なので、コスパが高いです。

ローカル検索の強み

Google広告は今やローカル検索の時代に入っています。「ユーザーファースト」を第一に考えているからこそかもしれません。

これまでは、リスティングやAdWordsを使って検索上位に上げる印象が強い印象が受けます。どうしても入札式のため高額な費用が必要で、潤沢な資金をもっている会社が有利です。
ビッグワード(重要なキーワード)に対する広告入札が行われるので入札単価は上がる一方です。
ですが、Googleマイビジネスを活用したMEO対策は、無料もしくは、低コストで行えるサービス、広告手法になっています。しっかり運用ができるようになれば、大手や、資金力に関係なく、実力だけで、検索上位に上げることができます。

Googleマイビジネスをすぐ登録

では、MEOの重要性が分かったら、実際にMEOに表示するための準備をしましょう。

MEOに表示するためには、Googleマイビジネスに自分の店舗ページを持たなければいけません。そのためにまずは、Googleマイビジネスに登録をしなければいけません。

例外もあり、実は、Googleが、店舗のGoogleマイビジネスの店舗ページを既に作っている場合があります。その場合の登録もお伝えしたいと思いますが、

すでに下記の記事で、登録の案内をしていますので、是非ご覧ください。

2.知らないと損するMEOの特徴

MEOをしっかり運用していくためには、MEOが持つ特性・特徴を理解した上で、強みを活かすように対策を行うべきです。Googleのマップ枠で表示させるMEOにはどのような特性や特徴をもっているのでしょうか?

ポイントは3つです。

  1. 競争が激しいSEOとは違う土俵で上位を狙えて、コスパも良い
  2. 近隣店舗に実力で勝負できる
  3. 検索した表示画面が、SEOよりも上位に

①競争が激しいSEOとは違う土俵で上位を狙えて、コスパも良い

SEOとMEOでは、Googleのアルゴリズムがことなります。

新規で、SEOの競争に参入して上位表示を狙うのは少し難しく、半年、一年と時間がかかります。SEOをするよりも費用は抑えられるので、MEOの集客力を考えるとコストパフォーマンスは非常に高い特徴をもっています。

近隣店舗に実力で勝負できる

マップ表示枠では、店舗系のプラットフォームサイト(比較サイト)は表示されない仕様になります。

店舗の営業時間やサービス内容、ユーザーが投稿したレビュー・口コミの内容が、そのまま検索順位に反映されやすい傾向がある為、広告料にお金を使って上位表示させるのではなく、店舗の実力で上位表示が可能になります。店舗の魅力を十分に発信できることがメリットの一つです。

③検索した表示画面が、SEOよりも上位に

ユーザーが、「地域+業種」で検索した際に、一番上には検索した地域の周辺情報が記載されてあるマップが表示されます。

上位表示されているサイトのクリック数は30%を超えていますが、そのサイトよりもマップは上に表示されるポイントがMEOの強みです。

マップ上に上位表示されている店舗は名前(店名・社名)も表示されるので、ブランディングにもなり、非常に誘導力のある施策になります。

MEOが必要な理由

MEOはSEOと違い、検索者の現在地によって、検索結果が変わります。

SEOでは基本的にキーワードが同じであれば、どこで検索しても表示は変わりません。ですが、MEOの場合、検索者の現在地の位置情報が基地局を通して、表示しているので、検索結果が変わります。

自分から近くの情報を表示してくれる

下記のような表示だったら困りませんか?

  • 東京の自宅の外壁を塗り直したいのに、沖縄の業者が表示される
  • 北海道に出張し、飲食店を探したいのに、東京のお店が表示される

そんな、検索者の不都合にならないように、Googleは近場のお店をGoogleが紹介してくれるわけです。

Google マップ上のお店の看板

近年、スマートフォンが普及し、パソコンからの検索よりもスマートフォンからの検索のほうが多い時代になりました。

MEOで注意することは3つ

①効果のある業種が限られている

あなたは、何のビジネスをされていますか?MEO対策は「地域×業種」のビジネスにおいては有効的な施策ですが、そのビジネスモデルに当てはまらない業種は、あまり効果は得られません。

②良い口コミだけが集まるとは限らない

口コミ・レビューも上位表示させるには影響するポイントだとお伝えしましたが、必ずしも良い口コミ・レビューが集まるとは限りません。

良い評価をされるような店舗サービスや接客を心掛けることが大事です。

MEO対策の重要なポイントなので、ビジネスを展開する上で良いサービスをするという原点も重点的に心掛けましょう。

③Googleの規約にも注意

ビジネス名に不要な情報を含める、違法なビジネス、特別なキャンペーンなどの過度な表示などがあります。
詳しくは下記のガイドラインを参照してください。
https://support.google.com/business/answer/3038177?hl=ja

悪質な場合はアカウント停止される場合もありますので注意してください。

3.Googleに評価してもらうための対策

まず、やるべきことはこの3つ

投稿する

Googleマイビジネスのサービスに投稿の機能があります。

この投稿をこまめにすることでGoogleはマップ上に掲載されているビジネスがちゃんと稼働しているのかをキャッチしています。Googleに、稼働している店舗と認識させていくのです。

外部リンクや被リンク

自分のウェブサイトを持っている方も多いかと思います。Googleはどれだけ、自分のウェブサイトをインターネット上で取り上げられているか見ています。

例えば、ウェブサイトやblog、SNS(自分のビジネスに関連しているもの)に対してのアクセスを評価しています。

・口コミ(レビュー)

口コミはMEO対策において一番重要な要素です。

Googleマップ内では一番信頼のおける情報=口コミという認識が大半です。

口コミ(レビュー)をいただくことはなかなか難しいと考えている方も多いですが、実はそんなこともありません。

まずは、徹底して、この3つをすることで、土台を作りましょう。

また登録が済んだ(済んでいる場合)は、情報の登録が最優先です。

社の名前や店舗名、住所など表示される(表示できる)すべてを正しく、統一することは、100%やってください。

また、Googleマイビジネスに限らず、ホームページ、各種ポータルサイトでの登録情報、これから使用する情報に関しても、すべて統一をしましょう。

4.メリット・デメリット

4-1.メリット

MEO対策をするメリットは、大きく分けて3つです。

  • 地図アプリからの集客手法として有効
  • 通常の検索結果にも優先的に表示される
  • 店舗・ビジネスの信頼性を向上できる

見過ごすことのできないメリットになります。詳しく見ていきましょう。

①地図アプリからの集客手法として有効

近年Googleマップを利用する方が増えています。コンビニを探している時、ランチを食べられる場所を探している時、さまざまなシチュエーションに地図アプリを使うでしょう。こうした時に、仮に自社のサービスが表示されないとなるとどうでしょうか。

それだけで多くの損失になります。一方で、優先的に表示されると、とても強力な集客が見込めるでしょう。

②通常の検索結果にも優先的に表示される

GoogleはMEO対策で上位にするためのアルゴリズムそのものは開示していませんが、正確な情報を掲載し、より多くの評判を集めることで上位表示は可能です。MEOの表示順位と、通常の検索結果の表示順位が比例している情報もあります。

通常の検索結果に割り込んで、優先的に自社サービスが表示されるメリットはかなりあると思います。

③店舗・ビジネスの信頼性を向上できる

検索ユーザーは、基本的に「検索エンジンが上位表示する店舗を信頼する」という傾向があります検索エンジンで上位に表示し続けるだけで、ビジネスの信頼性を大きく向上させられる可能性があるのです。MEOの場合、店舗情報が真っ先に表示されるので、ブランディングにも貢献します。

4.2デメリット

MEO対策のデメリットを5つ紹介したいと思います。

  • 悪い口コミやレビューを書かれる可能性がある
  • 成果が出るまで時間がかかる
  • 実店舗を構える必要がある
  • 成果を出すには日々の運用が不可欠
  • 最新の情報を表示していないとクレームの対象

になります。詳しく説明していきます。

①悪い口コミやレビューを書かれる可能性がある

悪い口コミやレビューを書かれる可能性が高くなります。口コミやレビューは誰でも書き込むことができ、どのようなことが書かれるか予測できないからです。どんなに良い商品で、良いサービスを提供してもユーザーに響かなかったら良い口コミやレビューは書かれません。

悪い口コミやレビューを書かれた場合、その口コミやレビューを見た第三者も信じ込んでしまい、客足も遠のくでしょう。またライバル店が評判を下げるため意図的に悪い口コミやレビューをつけられる可能性もあります。

口コミ、レビューには、オーナー返信が可能です。このような場合は、しっかりとした、返信で対応します。その結果、第三者が口コミレビューを見たときの印象が変わります。

②成果が出るまで時間がかかる

成果が出るまで時間がかかります。

これはGoogleの検索ロボットが膨大な情報の中からあなたの店舗・施設情報を取得するのに時間がかかるためです。

MEOをしてから結果が反映されるまで大体1〜3か月ほどといわれています。結果が反映されないため、改善に時間がかかるのがデメリットです。

私のお客様では、MEOで上位表示されていなくても新規獲得が出来ている店舗もあります。

③実店舗を構える必要がある

実店舗を構える必要があることです。

MEOをするにはGoogleマイビジネスへの登録が必須です。実店舗のないと登録は出来ません。

そのため通販サイトやアクセスの急増のみを考えている店舗・施設だと、MEO対策をしようとしてもできないということです。会社であれば登録は可能です。

④成果を出すには日々の運用が不可欠

成果を出すには日々のコ運用が不可欠です。

MEOは登録して、終わりではありません。ほとんどの店舗が登録して放置しています。MEOで上位表示されても、その後も継続して順位を維持できるか分かりません。維持するためにも、日々の運用の積み重ねが大事になります。

そのため日々の口コミの返答や、MEOの分析などを繰り返し、コツコツ運用をするようにしましょう。

⑤最新の情報を表示しないとクレームの対象

最新の情報を表示しないとクレームの対象になる可能性があります。

MEOを閲覧して訪れるユーザーは、MEOに記載されている情報を信じて足を運んでくれるためです。わざわざ足を運んで訪れたのに、営業時間や定休日が変更になっていればクレームを入れたくもなってしまいます。

営業時間の変更や、新規客に向けての投稿、初回限定投稿もそうです。

常に、更新して、間違いのないように常に情報を最新の状態にするよう心がけましょう。

5.上位表示させるコツ

見出しに、上位表示するコツと書きましたが、MEO対策で上位表示するための絶対的な裏ワザは存在しません。仮に存在していても、すぐにGoogleに、対策されます。

そのため最低限のポイントを守り、コツコツと対策していくのが一番でしょう。

MEOの順位の決定基準は??

大きく分けて3つです。

  • 検索語句との関連
  • 検索位置からの距離
  • WEB上での知名度

になります。

検索語句との関連

検索ワードとGoogleマイビジネスに関連する語句の一致

検索位置からの距離

位置情報から近くの情報を優先的に表示

WEB上での知名度

SNSやブログなどの露出情報

知名度をあげるにはSNSなどでシェアしてもらう、Googleマイビジネスにおいてレビューがあれば返事を書くなども効果的です。

MEO対策のポイント

Googleのガイドラインを守る

まずは何よりも、Googleが定めるガイドラインをしっかり守ることが大切です。

  • 虚偽の情報を載せる
  • 評価の恣意的な操作をする
  • 関連性のないコンテンツを載せる
  • 違法なコンテンツを載せる
  • なりすまし行為をする

自然な形で口コミを集める手法を取る

Googleは対価を支払い、口コミを集めることを禁止しています。

クーポンサイトであるような、口コミ書いたら○○ポイントプレゼントなどで、口コミ促進などはしないでください。純粋な口コミ促進をすることで、

普段の新規客とは違う客層を捕まえることができるでしょう。

なによりも訪問していただいた顧客に、最大限のサービスを提供することが第一です。

悪意のある口コミを放置しない

ある程度の実績が伴ってくると、それだけ目立つことから悪い口コミが増えることからは避けられません。中には特に理由もなく低評価を付ける人もいるほどです。

ですが、こうした悪い口コミにも、まず「返信」することが第一です。真摯に返信している口コミを読めば、かえって好感度を上げるチャンスにもなり得ますし、信憑性が増すので、集客にプラスに働きます。

ホームページのページタイトルに地名を追加

こちらはMEOというよりSEOの基本的な施策ですが、お店や会社の紹介ページのタイトルタグに地名を入れましょう。

商圏が広い場合はトップページのタイトルタグに入れるのではなく、会社の所在地を紹介するページに追加するとよいでしょう。

6.運用には、ツールも必要

MEOツールとは

MEOツールとは、ローカルパックやGoogleマップで検索されたランキング計測や、アクション(電話・経路・ウェブサイト)がどのぐらいあったかを可視化する分析ツールになります。

Google検索エンジンの仕様変更やGooglemaps利用ユーザーの増加で、ローカルビジネスの活用が重要になっているため、日々の情報の更新、順位計測など地道な作業が多く、管理をしていくのが大変になっている店舗(企業)が増えてます。そのため、そんなお悩みを解決できる、運用におけるデータ分析・効率化をするツールを紹介したいと思います。

MEOツールの5つの機能

今回は、有料のMEOツールではなく、無料で使えるツールを紹介したいと思います。MEOツールと機能を見ていきましょう。

  • キーワード別の順位変動・アクセスレポート分析
  • 口コミ・レビュー数の推移分析
  • 検索地域・検索時間の分析
  • 競合サイトの検索順位チェック
  • 検索からのアクション・行動分析

I search from

  • 国・言語・端末を選択して的確な結果を確認
  • 外国からの検索をシミュレート可能
  • SEO対策にも使えるツール

「I search from」では、国や言語・利用デバイスを選択した上で的確に分析することが可能なMEO順位ツールです。SEO対策にも効果的で、国外からの検索をすることもできます。

詳細はこちら:http://isearchfrom.com/

順位チェックツール ランクアナライザー

  • キーワードとサイトURLを元に検索順位を自動で取得
  • 10のキーワードまで無料で利用可能
  • 順位の変動率が確認可能

キーワードとサイトURLから検索順位を自動で取得する機能があります。10個のキーワードまで無料で利用することができます。順位の変動率、グラフ分析が可能です。

詳細はこちら:https://rankcheck.work/

Google Adwards

  • Google提供の広告出向サービス
  • 検索広告とディスプレイ広告の管理画面が1つになっている
  • Googleアナリティクスとの連携が可能

GoogleAdwordsに登録するとMEO対策の1つであるディスプレイ広告についての一括管理が可能なツールです。Googleアナリティクスとの連携も可能なので、SEO対策も交えたMEO対策を実施することができます。

登録はこちら:https://00m.in/Zn4mC

Promost MEO順位チェックツール

  • Googleマップで表示される順位を毎日チェック
  • 計測地域を指定してMEOの順位チェックが可能
  • 世界中どの国でも計測地域の指定が可能

PromostのMEO順位チェックツールでは、Googleマップで表示される順位を毎日チェックする機能が有しされています。また順位を計測する地域を任意で指定することができます。

登録はこちら:https://www.promost.co.jp/meo-checktool/

7.MEO対策会社まとめ(埼玉県、東京都、群馬県)

埼玉県

株式会社EarlyConsulting

TEL048-628-6667
住所埼玉県さいたま市大宮区桜木町2-3大宮西口共同ビル7F
URLhttps://pc-group.co.jp

株式会社トラストップ

TEL048-229-7059
住所埼玉県川口市西川口1-25-14
URLhttp://www.trustop.jp/

株式会社メディアプライムスタイル

TEL048-430-7090
住所埼玉県蕨市中央3-19-20 ライオンズプラザ蕨シティ1F
URLhttps://mediaprimestyle.jp/

ニュートリッツ

TEL050-5242-9113
住所埼玉県川越市新宿町5-9-13 2-204
URLhttps://nutrits.jp/

合同会社 Refine

TEL049-297-3545
住所埼玉県 比企郡川島町白井沼884
URLhttps://llc-refine.com/

群馬県

株式会社ForceElemens

TEL0276-75-3155
住所群馬県館林市富士原町922-17
URLhttp://www.forceelemens.jp/

NPO法人ITさぽーとぐんま

TEL027-333-9293
住所群馬県高崎市京目町463-10
URLhttps://service.karakaze.com/

東京都

株式会社プロモスト

TEL03-5657-4924
住所東京都中央区新川1-15-2 牧原ビル2F
URLhttps://www.promost.co.jp/lp_meo/

株式会社ヒロタケ

TEL03-6433-2033
住所東京都品川区東大井5-4-11 カイゼルビル3F
URLhttps://h-web360.com/service/meo

株式会社トリニアス

TEL03-5657-4924
住所東京都新宿区大久保2-4-15 サンライズ新宿5F
URLhttps://meo-taisaku.com/

株式会社トライハッチ

TEL03-5327-8871
住所東京都杉並区高円寺2-6-4 井上ビル4F
URLhttp://meo.tryhatch.co.jp/

株式会社Reyes

TEL03-4400-7667
住所東京都豊島区東池袋3-23-13池袋KSビルB1
URLhttps://www.reyes-japan.com/

8.まとめ

今回は、MEOについて、記事をもとめてみました。

どうでしたでしょうか?

今回は企業よりも、店舗向けの記事なります。正直、MEO対策は、取り組んで損がないものだと思います。自力で、集客を可能にする広告手法であると考えています。多くの方が、上位に表示されない、運用が難しいと、相談を受けます。

毎月、高額な費用をクーポンサイトに支払う店舗を多くみてきました。それで集客が取れていればいいですが、毎月継続して元以上に集客出来ているかというとそうではないと思います。また、この記事を書いた今、日本全体が、コロナウィルスによる被害を受けています。

その時気づくのが、高額の広告費で取り組んでいる広告に、どれだけ、依存してたかです。

広告の予算組をもう一度考える良い機会だと思います。

競合と差別化をしていくことがポイントになるでしょう。

MEOサービスはそういった方に使ってもらうべきサービスだと思います。