埼玉県で有名な焼き鳥は、東松山の「やきとん」がオススメ!!

今回は、焼き鳥で有名な埼玉県東松山市の焼き鳥を紹介します。
通常の焼き鳥は、鶏肉を焼いたものを思い浮かべますが、東松山の焼き鳥は「やきとん」
と言います。
「やきとん」とは、豚のカシラ肉を炭火でじっくり焼いたものを言います。

東松山駅周辺では、約50軒の焼鳥屋があり、お店で、「やきとん」を食べることが出来ます。

今回は、東松山市周辺で人気の「やきとん」をご紹介します。
東松山で「やきとん」が広まったのは、戦後間もない頃、食糧難と地域の食肉センターが関係しており、

当時は、物資や食糧不足で肉も貴重な高価なものでした。

食糧不足だったので、豚のカシラ肉を何とか活用できないかという考えがあり、当時の、
大松屋(やきとり屋)初代ご主人が、唐辛子入りのみそだれと焼いた豚のかしら肉を合わせものから、広まったと言われています。

現在も続く、大松屋は昭和31年創業になります。当時は、値段を抑えるためにホルモンを串にさしてホルモン焼きとして

販売しておりましたが、ホルモンは固くて食べづらい事から売上が伸びず、当時安価で手に入る豚のカシラ肉を使うようになった

事から、「やきとん」が誕生したと言われております。

「やきとん」とはどういうものかを簡単にお伝えしましたが、食べたら分かりますが、

一番のキモになってくるのが、「やきとん」にかける秘伝たれです。
「やきとん」には、塩味がついていますが、多くの方が好んで付ける秘伝たれ「みそだれ」があるのです。
秘伝の「みそだれ」とは、白みそをベースに、唐辛子、にんにく、ごま油、みりん、果物など10種類以上

のスパイスをブレンドして作られており、各お店でオリジナルのみそを作られており、

自分に合ったみそを探して、焼鳥屋をはしごされる方も多いです。

東松山駅周辺では、約50軒の焼鳥屋がありますが、その中ではおすすめのお店をご紹介したいと思います。

まずは、「大松屋」

創業60年の老舗。戦後の混乱がまだ収まらない頃、朝鮮出身の初代が始めた酒
場です。

秘伝のみそだれ「ひびき」

お肉の自社開発や「ひびき炙り」を開発し、焼き鳥を提供している。チェーン店。

独自の「みそだれ」は2008年モンドセレクションの「最高金賞」を受賞。本店は、東松山市駅の目の前にあり、リッチは抜群。

実は、焼き鳥のCDも出していてる!!?笑
東松山市は、焼き鳥を歌った「やきとり音頭」というCDを出しています。
「ドン・ドン・ドン」と太鼓のリズムとともに
「カシラだ、レバサシ、 ナンコツ、タン、ハツ、やきとり音頭だよ」などという、歌詞になっているみたいです。
自分は聴いたことはありませんが、気になる方は是非!!
一度聞いたら忘れられない曲みたいです。笑
やきとりのまちを活性化させようと平成10年に作詞、作曲、歌、録音、ジャケット写真まで作られているみたいですよ!全て市商工会青年部の皆さんにより作られCDとして販売しています。

最後に、東松山駅に行くには??
知らない方は多いのではないでしょうか。
電車の場合は、東武東上線、車の場合は、関越道またはR254を利用します。
【電車】 池袋駅から東武東上線で、急行に乗れば、約55分くらいです。
お店は、東松山駅周辺なので、駅降りて徒歩で散策出来ると思います。
【車】 関越道にて東松山ICを降りて、約5分くらいです。
川越方面よりR254を利用した場合、R254の上野本交差点を右折。かつやとくるまやラーメンが目印。
嵐山方面からR254を利用した場合は、R254の上野本交差点を左折。かつやとくるまやラーメンが目印。
余談ではありますが、コインパーキングが駅周辺にあるので安心、
1日400〜500で利用出来ます。
ただ、夕方以降、お酒を飲み場合は、気をつけてくださいね。