仕事ができる人とできない人への教育の違い

現実として、「仕事が出来る人」と「出来ない人」は存在します。

仕事が出来ない人というのは、その仕事が向いていないのでは無く、どういった仕事を行なっても、普通以上のパフォーマンスを出す事が出来ません。
一方、仕事が出来る人というのは、その逆で、大体どの様な業務でも人並み以上にはこなす事が出来る器用な人です。

仕事が出来ない人の特徴として、言われた事は実行出来るものの、その後発展させた業務を頼むと出来なかったり、また、自分が仕事が出来ない部類の人間である事を認識していないケースが多く見られます。
こういった部類の人は、業務に対してのモチベーションはほとんどありませんので、成長させる事が困難です。

まず、こういった方の場合
「何の為に仕事をするのか」
「仕事とは何か」
を認識していないか、間違った認識をしています。
その為、仕事がある程度出来る方と同様に教育を行なっていくと、離職に繋がる可能性が高くなります。

採用した人員が離職するとなれば、管理者の管理能力が問われて来ますので、管理者としては、出来ない人でも人並みには仕事をこなして欲しいと考えるはずです。

このようなタイプの教育では、まず、仕事・会社・上司・仲間が楽しい(自分にとって害の無い存在である事)事だと認識してもらえるように関係性を作る事から始めるのが良いでしょう。
例えば、
「仕事は自分のキャリアアップ手段の一つ。」
と言えば、自分の為に仕事をする事をイメージとして与えられます。
「仕事は会社の利益を上げる為のものだ!」
と教えても、ギャップがありすぎて、逆効果となってしまう為です。
特にこのタイプはモラルが低いので、強制目標を設定した所で、すぐに諦めてしまいます。
出来るだけ接する時は優しく、そして、私生活の話しを交えながらコミュニケーションを取っていくと比較的成功しやすいと思います。