ホームページ作成が格安な制作会社まとめ

現代のIT社会では、ビジネスを展開する上で、ホームページはなくてはならない存在になっています。

今回、ホームページを初めて作られる方や、ホームページのリニューアルを考えている方、より集客を強化したい、採用を強化したいと考えている方向けに格安のホームページ制作会社をまとめましたので、是非活用してもらえたらと思います。

ホームページを作成する上で、コストがかかる、高いなどのイメージは持たれておりませんでしょうか?

もちろん、制作費用が高いホームページもありますが、実は、格安で、クオリティのあるホームページを作れるホームページ制作会社があるのをご存知でしたでしょうか。

そんな、格安でホームページ制作が出来る会社を今回はまとめてみました。

また、ホームページをこれから制作会社に依頼するにあたって何からやればいいか分からない、どこに頼んだらいいか分からないといった悩みを解決したく、制作会社へのお問い合わせまでの流れや注意点をまとめた記事になっています。

是非参考にしてもらえたらと思います。

1.制作費用が高いホームページ会社について

制作費用が高いホームページ制作会社は、まず、依頼された案件それぞれに対して、個別対応をしており、オーダーメイドの作業になります。

そのため、費用として高額になり、作成するページが増えれば、その分、費用がかかります。

一から制作し、専門のデザイナーが担当するので、人件費が占める割合が大きくなります。

もちろんのこと、ページ数が多くなるにつれて、その分、作業の工数も増えるので、制作費用は高くなります。

そんな中、対費用対効果を考慮した場合、初期費用を安く抑えたい、可能な限り追加コストをなくしたいというニーズは多くの方が持たれているかと思います。

そんなニーズにお答えするのが、格安のホームページ制作会社になります。

2.なぜ格安でホームページが作れるのか

格安で提供出来る秘密は、

  1. CMSの導入によってデザイン費用の圧縮が可能
  2. 画像や文書などのコンテンツは発注元が用意(作業工数の低減)
  3. 外注を減らし、広告や販促のための費用を抑えている

ことにより、制作費用を抑えた形で提供出来ているのです。

制作会社に依頼された方は、オールインワンの独自ホームページを作ってほしいという方が多いと思います。品質は高く作って欲しいのが、本音だと思います。

以前は、そんなお答えに答えるあまり、作業の工数が増えることで費用が高くなっておりましたが、

格安のホームページ制作会社では、発注元に一部のコンテンツ作成を負担してもらうことで、工数が低減しコストダウンにつなげることが可能になっています。

代表的なCMS※がその一つになります。

CMSでは、予め用意されたテンプレートの中から、気に入ったものを選んだり、画像や文章の追加、削除が簡単に出来るようになりました。追加コストも発生しないのもメリットの一つになります。

また、過剰な広告宣言やキャンペーンなどの販促にかかる費用を圧縮することで、全体の制作費用の低減を出来たことが、格安でホームページを提供出来る要因の一つになります。

※CMSとは・・・Contents Management System(コンテンツ・マネジメント・システム)の略称です。Web知識がなくてもコンテンツを構築・管理・更新出来るシステムのことを指します。

3.業者選びの注意点

なぜ格安なのかが分かったところで、具体的に制作会社に依頼するためには、何から始めたらいいのか、業者選びの注意点を1つずつ見ていきましょう。

3-1 準備が大事

制作会社に依頼するに当たって、失敗しないためには、「事前準備が大切」になります。

最低限の準備をしてから、見積依頼をするのが重要になります。

3-2 目的・予算・納期を決める

ホームページ制作を依頼する上で、最低限決めておくのに必要なことは下記3点になります。

  1. 目的
  2. 納期
  3. 予算

この3点が決まっていない場合、制作会社が優先度を下げて対応しますので気をつけてください。

目的

Goodな目的の設定例

・ホームページで集客をして売上をあげたい

・学生に注目されるデザインで採用を強化したい

NGな目的の設定例

・デザインが古いので新しくしたい

・競合がサイトをリニューアルしたのでうちもリニューアルしたい

依頼するに当たって、一番重要なのが、「目的」になります。会社の事業とマッチするような、売上を上げたい採用強化をしていきたいなどが理想です。

逆に「競合がホームページを新しくしたから」「デザインを新しくしたい」など抽象的な目的での依頼は危険です。

ホームページを新しくしたところで効果がでない可能性が高いからです。「目的」をしっかり設定した上で、業者選びをしていきましょう。

納期

Goodな目的の設定例

・2020年6月1日にサイトをオープンしたい

NGな目的の設定例

・なるべく早く対応して欲しい

次に、納期を具体的に伝えるのがポイントになります。アバウトな表現で伝えると、制作会社は余裕をもってスケジュールを組みます。

急ぎでない場合でも、しっかり期日を設定して依頼をしましょう。

予算

Goodな目的の設定例

・200万円までに納めたい

NGな目的の設定例

・なるべく安く済ませたい

予算も重要な準備になります。

基本的に、ホームページは、「オーダーメイド」で制作するものがほとんどになります。

そのため、ホームページ制作会社は、あなたが、提示する予算の上限に近い金額で見積書を出してきます。

事前準備で、決めた予算を提示し、その中で最大限対応出来る提案内容にしてもらうのがポイントになります。

その他、管理・運用面を決めておく

ホームページは制作で終わりではありません。

ホームページが納品され、公開し、その後も継続的に管理、運用をしていく必要があるからです。

事前に決めていくことは、

・ホームページの運用も業者に依頼するか

・依頼するなら月々の予算はどれぐらいか

・運用時に制作会社に求めるものは何か

このような確認する内容を決めて、見積時に確認し、担当者と決めておく必要があります。

実際に初期費用が安くても、月額の運用日が高ければ、合計の支払い総額は大きくなります。

決定してからだと遅いので予め、確認をしましょう。

最後にRFP(提案依頼書)を用意

最後にしっかり打ち合わせをしたい方へ。RFPを作成すると良いでしょう。RFPとは、あなたが、制作会社に「こういう提案をしてほしい」という要望をまとめた資料のことを指します。

提出は、制作会社に見積を依頼するタイミングで提出します。

要望を事前まとめておくことで、

・「現状の課題」「発注したい内容」などを明確に出来る

・制作会社からの提案の質を上げることが出来ます。

4.ホームページ制作会社の選び方

事前準備が出来たら次は、ホームページ制作会社の選んでいきます。ここでも注意点がありますので、絶対にチェックをしてください。

4-1. 担当者との相性をチェックする

まずは、担当者との相性をチェックです。

担当者とは、これから、ホームページの公開まで長い付き合いをすることになります。

そのため、担当者の経験はもちろんのこと、あなたのレベルに合わせて、説明してくれているかをチェックしましょう。よくあるのが、専門用語を並べて「それっぽく」話をする人がいます。

本当に優秀な担当者かあなたがしっかり理解出来るレベル説明してくれているかが大事です。

また、担当者の熱意も重要になります。

しっかり見極めましょう!!

注意は、制作会社によっては、営業の担当者と制作の担当者が異なる場合があります。その場合、事前に打ち合わせした内容が、スムーズに伝わっていないなど問題が発生するため、事前確認が必要です。

4-2. ホームページ制作会社の得意分野をチェック

制作会社と言っても、その種類は様々あり、その会社によって得意、不得意があります。実は、全くと言っていいほど、制作するホームページの内容が異なるのです。

例えば、「マーケティングや集客の得意な制作会社」にブランディングやデザインを重視したホームページを依頼しても成果はでません。

あなたの目的に合わせたホームページ制作会社に依頼するのが重要になります。そのために制作会社を見極めていきましょう。

見極めは簡単です。

  1. 制作会社のホームページを見て強みを確認する
  2. シンプルに「得意分野はなんですか?」と質問する

上記2点を確認できれば、返答はあると思います。

もし分かりにくい返答があった場合は要注意です。

4-3. ホームページ制作会社の実績をチェック

得意分野の見極めが出来たら、次は制作実績の確認です。まずは、同じ業界の制作実績があるか、それとも、似たような目的の制作実績があるか担当者に質問しましょう。

さらに、その実績の「こだわった点」「成功した要因」など具体的に聞いてみるといいと思います。

この時点で、仲良くなっているのであれば、さらに、社内の事例がしっかり積み上がっているか、様々な事例話を聞いてみるといいでしょう。

4-4. 最後に見積書・提案書をチェック

見積の金額をチェックすることは大事ですが、提案内容が非常に重要になります。

今回のあなたの目的や課題解決につながる提案になっているかチェックしましょう。

また「運用面」についても確認が必要です。

「月額の運用費用はどれぐらいか?」「どのような運用サポートをしてくれるのか?」詳しく質問することが必要になります。

決して、この段階で、金額だけで、決めることは避けてください。

5.複数のホームページ制作会社に見積依頼し比較検討する際の注意点

これまでは、制作会社1社に対して確認するべきことをお伝えしましたが、数社に見積を取り比較検討する場合の注意点も伝えたいと思います。

5-1. 社数は3社が目安

比較検討される際は3社程度を目安に行いましょう。

中途半端な提案10社よりも、密に打ち合わせをして、質の高い提案を3社から受ける方が圧倒的に効率的です。

そのために、提案依頼をする制作会社の選定が大事ですし、絞り込む必要があると思います。

5-2. 実は、会社規模はバラバラにする必要はない

現在ホームページ制作会社は大手から始まり、中小、フリーランスと様々な規模の会社があります。

会社の規模はそれほど重要ではありません。

大手制作会社だからといって品質が高く、安定しているとは限りません。

しっかりした予算と納期を伝えれば、それに沿った提案になるはずです。

6. ホームページ制作会社の種類について

ここで少し脱線しますが、ホームページ制作会社の種類を簡単に説明したいと思います。

大きく分けて、3つの種類に分けられます。

  1. フリーランス
  2. 中小企業
  3. 大手企業

の3種類になります。

フリーランス

まずは、フリーランスになりますが、フリーランスのメリットは、

・制作料金が安い

・コミュケーションがシンプル・スピーディー

企業ではなく個人で活動されているので、料金が安いのが一番のメリットになります。打ち合わせのやりとりも複数人いる企業とはことなるので、シンプルにやりとりが出来るのではないでしょうか。

また、デメリットとしては、

納期遅延や廃業のリスクが高いことです。また人によってスキルの差が激しいです。

もし、体調不良や事故などがあった場合、遅延が起きてしまうリスクはあると思います。

小・中規模制作会社

主に社員数が50名以下の場合、多くは、10名~30名くらいの規模のことを指します。業界的にもっとも多いのが、この規模の制作会社になります。

小・中規模制作会社のメリットをお伝えします。

・チームで対応するため品質を担保出来る

・小回りが効く・柔軟性が高い

複数人でチームとして品質を担保出来るので、そこが魅力だと思います。チームといっても、数名程度なので、十分に小回りが効きますし、柔軟に対応してもらえる点がいいですね。

小・中規模制作会社のデメリットは、

・担当者が依存する

・フリーランスよりは料金が高い

大手制作会社とはことなり、人材が豊富にいるわけでもないので、担当者に依存しやすい傾向があります。

大手制作会社

大手制作会社は50名以上の規模を指します。業界的に数は少ないのですが、有名な制作会社がこの分類に属しています。

大手制作会社のメリット

・大規模なホームページ・プロジェクトでも対応出来る

・各機能において、プロの人材が揃っている

大手制作会社のメリットは、大手ならではの対応力になります。各分野でプロがいますので、依頼する制作のチームを決めて対応してもらえます。抜群の安心感があります。

その他、制作実績も豊富なため、事前にしっかり吟味出来るのも特徴ですね。

もう一つ余談をお話ししたいと思います。

7.料金体系について

ホームページは、毎月記事の更新やデザインの修正など運用が伴うものです。

そのため、料金には2種類に分類されます。

  1. 最初にホームページを制作するための初期費用
  2. 毎月のホームページを更新をするための運用費用

価格を重視する場合は、必ず、上記2点を注意するようにしましょう。

制作会社によっては、初期費用+運用費用、初期費用のみをやっている制作会社があります。

柔軟に対応してくれる場合が多いので、あなたの目的と要望をしっかり伝え、相談してみるといいと思います。

また、運用費用のみの場合もあります。

この場合、初期費用は0円のパターンですが、

格安をウリにしている制作会社に多い料金体系で、運用費用がいくらなのかをしっかり把握することをオススメします。加えて、契約期間についても注意が必要です。悪徳制作会社の場合、「途中解約」が出来なかったり、「解約するとホームページが見れなくなったりします」そのため、解約させてもらえないケースがあるので、要注意です。

それでは、ホームページ制作会社の選び方のポイントに戻りましょう。ちょうど、「金額だけで評価しない」という話からになりますね。

7-1. 金額だけで評価しない

最後に、先程、少し触れましたが、制作会社への依頼は金額だけで決定するのは危険です。安いホームページ制作会社にはそれなりの理由があります。

例えば、安易に格安の制作会社を選んでしまうと、

  1. 全く成果のでないホームページになってしまった
  2. 依頼内容の対応が遅い
  3. 運用についての要望に答えてもらいない

ということもあります。制作会社は同じ料金プランで営業しているわけではないので、各会社がとに出来る出来ないがあります。また、契約後のトラブルの元にもなる可能性があるため、絶対に注意してください。

8.格安のホームページ制作会社のメリット・デメリット

いざ、格安のホームページ制作会社に依頼するに当たって、事前に確認したいところは、依頼する上でのメリットや、デメリットではないでしょうか。依頼してしまってから知っても手遅れになってしまいます。

事前に、あなたも知識として、入れておきましょう。

8-1. 格安のホームページ制作会社へ依頼するメリット

・制作費用を抑えてホームページの導入ができる

・スピーディーな制作が可能

・あなたが所有する素材画像を使用することができる

・運営管理で定期的に、内容を追加、修正が可能

 (制作会社によってことなる)

格安というだけあり、制作費用を抑えられるのはメリットの一つになります。なおかつ、クオリティを求めた依頼が可能だったりします。

格安なホームページを利用される方は、パソコン知識があまりない人が多いように感じます。パソコン知識がなくても作成出来るからです。また、あなた自身で、ホームページを更新していくことも可能です。制作会社にお願いした場合、制作会社とやりとりをすることで更新出来ますが、格安なホームページで作った場合は、制作会社とのやりとりはありません。

ホームページで集客を考えているのであれば、今後、ホームページをオープンしたら、定期的な改良が必要になります。改良がなければ、集客も出来ないでしょう。毎回、改良のためにやりとりをするの?と少しでも不安があれば、

ホームページ運営をより手軽に改良出来る格安なホームページを選ぶのも手かと思います。

また、納期まで、時間がないなど、スピードを意識したいという方にも格安のホームページはオススメできます。

作成するに当たっては、今あなたがもっている素材、画像を使用することも可能であり、事前に要望として、聞くことをおすすめします。

8-2. 格安のホームページ制作会社へ依頼するデメリット

・制作ボリュームが通常より少ない

・ホームページ制作後の訪問打ち合わせが無い

 (制作会社によって異なる)

・ホームページへのSEO面が通常よりも弱い

(制作会社によって異なる)

・オリジナリティの制限がある

制作のページなど制限があるため、ボリュームは落ちる可能性があります。

詳しくお伝えすると、ホームページに他の広告が掲載されてしまうというデメリットがあります。他の広告が表示されるので、お客様にせっかくサイトを見られても、他の広告が出ていると信頼性にも関わりますし、ブランディングにも影響を及ぼします。

格安で出来るホームページなので、どうしても素人っぽい作りになってしまい、満足するデザインにはならないかもしれません。

そのため、格安でホームページを作りましたが、満足出来ず、問い合わせをしてくる依頼者は多く見受けられます。

冒頭でお伝えした、ページなどの制限がデメリットの一つになりますが、具体的には、「ページ数を増やせない」「独自ドメインを利用出来ない」「問い合わせフォームが利用出来ない」「データを移行出来ない」というデメリットがあります。

制作会社によっては、機能が拡張するために費用が発生する場合もあります。

事前に聞くことで解決できる点が多いですが、ホームページ公開後、打ち合わせがなく、納品で終了みたいなことにならないように気をつけましょう。

その他、SEO面が弱い恐れもあります。検索からは、お客様にホームページを見つけてもらえない可能性があるということを覚えておきましょう。

実は、Googleなどの検索エンジンでは、上位(1位~10位)に表示される検索結果を同じサイトが独占しないように制限しています。
つまり、一つのホームページの別々のページが同じ検索結果画面に掲載されることがない、ということです。同じページであるかは、ドメインを見て判断しているため、格安のホームページでは、独自ドメインを使うことがないので、お客様が見られている検索で表示がされないということになります。

デメリットも、把握した上で、業者の選定時の参考にしてもらいたいですし、注意しなければいけない点でもあります。

9.格安のホームページ制作会社(東京都・埼玉県・群馬県)

東京都、埼玉県だけを見ても、格安のホームページ制作会社が東京都は約2,222社、埼玉県は約160社になります。さすがに全店舗は紹介出来ませんので、その中で、ご紹介出来たらと思います。また、実際に自分で検索して、調べることをオススメします。

9-1. 東京都の格安ホームページ制作会社(約2,222社)

株式会社CyberCats

企業の特徴・スマホ対応のホームページ制作が可能・制作実績豊富・対応業務の幅広さ
電話番号03-6808-1575
住所〒102-0085東京都千代田区六番町4−11−4F

株式会社イージーゲート

企業の特徴・制作パッケージの内容が充実・7,500社を超える実績を保有・ホームページ公開後の運用支援も提供
電話番号03-5835-5411
住所〒101−0032東京都千代田区岩本町1−11−2神田風源ビル4F

株式会社アドデザイン

企業の特徴・CMSもオプション追加可能な格安制作パッケージ・アクセス解析・レポート制作サービス提供・Webコンサルティングを提供
電話番号03-3944-9506
住所〒107−0052東京都港区赤坂2−23−1アークヒルズフロントタワー17F

東京ウェブデザイン有限会社

企業の特徴・目的や予算に応じた月額運用プランを提供・テンプレートを利用した格安制作
電話番号03-5387-1300
住所〒178-0062東京都練馬区大泉3−28−8

株式会社ギブセンス

企業の特徴・3つの制作プランで格安を実現・制作実績多数・無料ブログ感覚でサイト内容の修正追加が可能
電話番号03-6384-1892
住所〒160−0022東京都新宿区新宿1−5−13溝呂木第1ビル202

9-2. 埼玉県の格安ホームページ制作会社(約160社)

株式会社デジタルベリー

企業の特徴・メーカー・製造業の豊富な実績・商品デジタルカタログの制作サービス・紙媒体の制作も可能
電話番号048-814-1232
住所〒330−0063埼玉県さいたま市浦和区高砂2−13−19K2ビル5F

フィーコデザイン株式会社

企業の特徴・大手企業から小規模店舗まで対応・大規模サイトのリニュアル案件実績あり
電話番号048-783-5731
住所〒330-0856埼玉県さいたま市大宮区三橋3-230-2

株式会社ユアシスト

企業の特徴・さまざまなサービスを提供する総合コンサル・コストを抑えて管理しやすいSEOサービスを提供
電話番号048-858-8844
住所〒322−0017埼玉県川口市栄町3−11−27Hiro Build6F

スマートスタイル・コンプレックス株式会社

企業の特徴・訪日インバウンドのマーケティングに強い・他言語ホームページ制作・SNSに対応
電話番号048-711-8868
住所〒330-0063埼玉県さいたま市浦和区高砂2−12−12あづまビル3FB

スタンダードラボ

企業の特徴・費用対効果の高いサービス・地域に密着した顧客実績あり
電話番号048-859-6844
住所〒338−0001埼玉県さいたま市中央区上落合2−3−2 5F

9-3. 群馬の格安ホームページ制作会社(約82社)

株式会社群馬イートレンド

企業の特徴・地域密着の会社・リーズナブルな料金でホームページを提供
電話番号027-341-5823
住所〒370−0854群馬県高崎市下之城177−11プラス下之城ビル2F

株式会社ロジカルフォース

企業の特徴・訪問出来るエリアに限定しての営業・直接のヒアリングを重視
電話番号027-321-4963
住所〒370−0841群馬県高崎し栄町4−11原地所第2ビル4F

株式会社中原

企業の特徴・制作実績300件以上・ノウハウを活かしたページ制作が売り
電話番号027-362-3857
住所〒370−0018群馬件高崎市新保町268−1井草ビル101

アバウトネット株式会社

企業の特徴・低価格・短納期を実現・ネット広告やSEO対策も提供
電話番号0270-75-3430
住所〒379−2224群馬件伊勢崎市西小俣方町80−2

株式会社kiraba

企業の特徴・低価格ながら1000以上のテンプレートから選べる・プロカメラマンの撮影キットあり
電話番号050-3738-9356
住所〒370−0854群馬件高崎市下之城町584-70 高崎市産業創造館2F

10.まとめ

今回の記事では、格安でホームページが作れる制作会社をまとめを作成しましたが、数ある制作会社でも、得意としている分野や、オリジナルなプランなど、各社様々な取り組みをしております。

予算を掛けずに、ホームページを作成しようと思えば、今の時代、作成出来ると思いますが、単純に、安いサイトを作ったからと言って、成果が出るとは限りません。

逆に、お金をかけてもです。

最も大事なことは、何のために、ホームページを作るのか。ホームページを作って何をしたいのか。具体的な「売上を上げたい」「採用を強化したい」などの目的が最も重要になります。

その上で、納期、予算と相談し、決めていくことが大事です。

家も、設計なしでは、作れません。設計なしで作ったとしても、途中で止まってしまいます。納期に間に合わないということです。

ホームページも家を作るのと同じだと思います。

是非、ホームページ制作会社に問い合わせをする前にもう一度、ホームページを

なぜ作るのかを考え、目的を改めてみましょう。それが出来れば、あなたの求めているホームページが出来ることでしょう。