ホームページをリニューアルする際の目的と費用

ホームページを公開すると、「訴求出来ていない」「なんか見た目が古臭くなった」など、運営してみて見えてくる課題があるものです。


ホームページをお店のオープン時にとりあえず作ったけど、5年間放置。。
こんなケース意外と多いのではないでしょうか?

今回の記事では、ホームページのリニューアルや修正、改修を少なからず、考えている方向けの記事になっています。

ホームページリニューアルに必要な知識を学べる記事です。ブレイクダウンしていきながら説明していきますので、ぜひご覧ください。

1.ホームページの目的・役割について

まず、ホームページリニューアルを説明する前に、そもそも、ホームページのあり方について話していきたいと思います。

あなたは、何のためにホームページを作成しますか(しましたか)?

改めて、ホームページとしての、役割や開設した目的を改めて、見直す必要があると思います。

まずはホームページの役割!!

ホームページを作られる際は、ホームページをどのように活用していくか考えがあり、作成すると思います。その役割があった上で目的が存在していると思いますので、もう一度、ホームページとしてのあり方を見直していきましょう。

その中で、代表的なものを紹介していきたいと思います。

広告・宣伝(看板)

ホームページを通して、会社やサービス内容、商品を知ってもらう。

ホームページを作成する人で、もっとも多い役割が、広告、宣伝ではないでしょうか。ホームページを開設することは、インターネット上に「看板」がある状態と同じだからです。

・広報

社外・社内に向けて、ニュースリリースを発信する。発信することで、広報の役割を果たすことができます。

・事務局

ホームページに地図を掲載することで、会社やお店がある場所の案内になったり、サービスへのお申し込み方法を掲載することで、従業員の代わりになったりします。または、セミナーなどのイベント開催を告知をする。

申込フォームを置いておくことで、自動で問い合わせを受けることも可能です。

・営業

資料請求の依頼など問い合わせが来るホームページにする。24時間365日稼働することがネット上で可能になります。

・人事

スタッフ、正社員募集を募ることが出来る。採用担当者からのメッセージや先輩社員、スタッフからのコメントの掲載なども出来るため、求人の役割を果たすことが出来る。

・新聞・ニュースレター

ブログ、記事の機能を使うことで、閲覧者に情報を発信することが出来る。ネット上での、レターや新聞のような役割に使うことができる。

・店舗(小売)

お店で販売している商品をホームページ上で販売することで、店舗の代わりに売買することができます。近隣のお客様だけではなく、全国の方をターゲットに商品販売をしていくことができる。

・サポート

サービスや商品、会社に関して、質問を受ける窓口になる。Q&A形式にしてホームページに掲載することで、ネット上で顧客対応が可能にすることが出来る。

ホームページをどのように活用していくかは会社ごとに異なると思います。

改めて、ホームページの役割を見直す時間を作りましょう。

次に目的!!

ホームページをどのように使っていくかを見直したら、次は目的です。

開設したホームページや、これからホームページを開設する方、どちらにとっても目的は重要になります。

仮に、A社は「名刺代わり」に開設したい。B社は「集客のため」開設したい。との要望だった場合、取り組み方や設計が大きく変わるからです。

改めて、ホームページを見直す方は、何の目的で開設したのか?

ホームページを開設したい方は、何を目的に、開設するのかをはっきりさせておきましょう。

・名刺がわり

もっともシンプルな目的であるのが、「名刺がわり」として、ホームページを作ることです。会社名(店舗名)、運営者情報、住所や連絡先、事業内容などが簡潔に掲載されていて、必要最低限の情報が伝えることが出来ます。

・パンフレットやカタログとして

商品やサービス内容が豊富の場合、ホームページに商品写真や、商品内容を載せることが出来ます。パンフレットやカタログの代わりとして利用出来ます。

・認知の拡大

会社を多くの人に知ってもらうことが出来ます。

・販促、集客

具体的に「お問い合わせが来る」「資料請求の依頼がある」「電話が来る」「商品を購入してもらう」「来店してもらう」など、お客様が、具体的にアクションを起こし、集客に結び付けることが出来る。

・求人

近年、求人を目的とした開設が多くなっています。就職や転職希望者へ訴求するよう作成することが重要になります。

・リストの獲得

ホームページ上で、メールマガジンに登録、または、名前や住所を入力してくれうことで。資料の送付ができ、あらかじめ見込み客のメールアドレスや申込者の情報(=リスト)を獲得することが、ホームページで可能にするケースもあります。

ホームページを作成しようと考えている人の数だけ目的があります。

そして、何をホームページでするかによって、ホームページが具体化していきます。大事なのは、目的です。あなたは、ホームページで何をしていきたいですか?

2.リニューアルする目的とは?

では、実際にリニューアルについて話しをしていきましょう。

リニューアルを考えている方は、今あるホームページについて、何かしら悩まれている方が多いと思います。

「もっと集客を強化したい」「思うように問い合わせが上がらない」などなど

そんなリニューアルを考えているあなたにノウハウを共有していけたらと思いますので、ホームページリニューアルについて、理解を深めていきましょう。

ホームページのリニューアルは必要か?

ホームページを持たれている方は、必ずしも、リニューアルをしなければいけないというわけではありません。

デザイン自体が古くても、サイト構成や設計が優れいている場合、そのままでも使いやすく、効果が高いホームページである場合があるからです。

そんな、リニューアルしなくても効果が出るホームページがある反面、最新のデザインテイストにしたのに、「ユーザービリティが低い」「問い合わせ数が上がらない」など、ホームページに求めている、目標指数に届かないサイトもあります。

単純な、「画像や動画を入れてかっこいいホームページを作りたい」「急いで採用向けにリニューアルしたい」な考えで、リニューアルしたいと思うのではなく、リニューアルして「何を」、「どのようにしていきたい」のか考えがある方にはリニューアルが必要であると思います。

リニューアルする目的

実際に目的を話ししていきましょう。

ホームページのリニューアルは必要か?で述べた内容を理解した上でお伝えしていきます。具体的な目的として、下記のようなものがあります。

あなたは、どれに当てはまりますか?

今後、会社、お店の売上に関わることですので、しっかり見ていきましょう。

・更新ができるようにしたい

現状、CMS機能が入っていないか、すべて手動で管理している場合に考えられる目的になります。もしくは、CMSの使い勝手がわるく更新が滞ってしまう問題で、「更新ができるようにしたい」という目的の方が多いです。
お知らせ程度の更新でも「ちゃんと更新されているホームページだ」というアピールになるので、閲覧者に対してイメージアップにつなげることが出来るのでオススメです。

仮に、CMSを導入を検討されているのであれば、オススメしたいです。ソース編集の知識など、Web知識がない方でも簡単に更新できるので、運用コストをぐんと抑えることにつなげることができます。

・採用を強化していきたい

採用を増やすために自社の採用コンテンツを充実させたいという要望が近年多くなっています。
外部の採用サイトだけに頼らず、自社のホームページから採用を強化する会社多くなっており、お問い合わせがあれば採用コストも減らすことにつなげることができます。
「コーポレートのホームページリニューアルまではなかなか着手ができない」という状況でも採用サイトだけ別で作成し、デザインもターゲットを絞って別のテイストで作ることもできるので、自由度が高い採用の導線が作れると思います。

・見やすく改善したい

原因として考えらるのは、長年運用してきたのでコンテンツが増えてしまった。まとまりや導線が煩雑になってしまっているケースがあります。

昔のSEO対策では、とにかくテキストボリュームがありコンテンツの量が多いほど良いという時代がありました。最近では、そんなホームページを、見やすくページボリュームを抑えてリニューアルしたいという要望が増えています。

このような、コンテンツ量が多いサイトはリニューアルにも時間や費用も掛かりますのでご注意を。

・ブランディングを見直したい

会社のサービスやブランドコンセプトがうまくまとまっていない状態でホームページ作成された場合や、新規サービス事業が伸びて全面に押し出していきたい場合など会社の状況に合わせてのリニューアルで多いケースです。

また、コンテンツのまとまりがなくなった場合、訴求とするターゲット層もぶれてしまいます。ブランドコンセプトの軸を改めて作り直す必要があると思います。

リニューアル検討をされるのであれば、会社としての方向性の整理をするきっかけにもなりますし、閲覧者に対して、会社の情報がクリアに伝わるようになりホームページを作ることが出来るので、企業イメージやサービスイメージの向上につなげることが出来ると思います。

今回のような目的は一例であり、リニューアルの目的は様々あります。

そんな目的の中でも、具体化している上記のような検討内容であれば、迅速にリニューアル検討を進めてもいいと思います。

リニューアルのメリット

リニューアルをするにしても、費用がかかるものです。

現在のホームページで課題や改善したい内容をクリアにするだけでなく、リニューアルするなら、よりプラスに働くようにしていきたいものです。

リニューアルして得られるメリットについてお伝え出来たらと思います。

・機能性が向上する

リニューアルをすることで、フロントエンド(ユーザーが閲覧するホームページの表側)とバックエンド(ホームページの管理画面)の両方の機能性向上させることが出来ます。

少し、ブレイクダウンすると、旧来の静的ホームページでは、更新のたびに制作業者に発注する必要がありました。しかし、WordPressといったCMS(コンテンツマネジメントシステム)の普及により、CMSの導入をすると、バックエンドからWeb上で更新できるようになりました。

CMSの普及により、本格的な自社ブログの構築や、コンテンツの柔軟な編集が可能になったのです。

・ブランドイメージの向上

リニューアルした場合にメリットとして考えられることは、デザインの刷新による企業イメージの向上でしょうか。ブランディングに関わる効果が期待出来ます。ホームページは、企業とユーザーをつなぐブランドコミュニケーションプラットフォームといえます。

モバイルデバイスの発達もあり、商品やサービスとユーザーとの出会いが変化し、店頭で商品を購入する以前に、ネット上で購買の意思決定をすることが習慣になってきました。そのため、Web上でのブランディングは非常に重要度を増しています。

ただ、Web上での表現には技術的な制限があること、またドッグイヤーのペースで変わっていくトレンドがあることです。リニューアルをする際には、しっかりトレンドを取り込んでいく構成を考えていきましょう。

・コンテンツの構成見直し

特定された方に関係してくる内容です。古くても堅実に更新を重ねてきたホームページにありがちなことで、コンテンツが複雑化してしまっているということです。熱心に積み重ねてきたコンテンツが仇となり、閲覧者に見えづらくしてしまっているということです。

リニューアルをするのであればタイミングで整理整頓の優先度は上がります。ホームページの財産ともいえるコンテンツの構成を見直して、さらに磨きをかけ、価値をさらに高めたり出来るのが、リニューアルのメリットではないでしょうか。

・SEOの改善・向上

 SEOの改善とお伝えしますが、リニューアルするからSEO的に良いというわけではありません。リニューアルの機会でないとホームページ全体のSEO施策を見直すことが難しいことが理由になります。

SEO対策を改善するには、日々変わっていくGoogleのページ評価基準に対応していかなければいけません。最新のマークアップを採用すること、モバイルフレンドリーな構造にすることが大事です。

また内部リンクの構造の見直しをすることなどが挙げられ、いずれもホームページ全体のHTMLの文書構造に関わることであり、リニューアルなどのタイミングでなければ対応できないのです。

リニューアルのタイミングによって、検索順位を左右するホームページの土台作りを作り直したり、土台作りに成功することが出来れば、今後追加していくコンテンツの評価も高められます。

リニューアルのタイミングは?

リニューアルを進めていこうと決まった際、いつ頃、「リニューアルしたらいいか」と疑問に思うことはないでしょうか?

サイトの第一印象で企業イメージがある程度、決まってしまいます。

リニューアルを行うに当たって、ユーザー問題を解決したいなど最優先しなければいけない場合と、採用時期に合わせて、リニューアルを進めて行きたいでは、着工時期は異なってきます。

そのため、リニューアルのタイミング、内容によって異なってくると考えてもらえたらと思います。

・デザインや機能面が古くなってきた

サイトの第一印象で企業イメージがある程度決まってきます。そのため、優先度は高めだと思います。


訪れたユーザーは問題を解決や、数ある競合の中から気になって訪れて情報を集めます。多くのターゲットユーザーの目に留まり自社の存在や商品・サービスを知ってもらうことが出来なければ、サイトを持っていても、何も、成果は出ないでしょう。


第一印象だけのデザインやかっこよさではなく「企業の想いが伝わるサイト」であることが大事だと思います。


補足して、ターゲットユーザーに合わせたサイト構成や機能性を高めることで利便性の向上につながり、ユーザーが「離脱しにくいホームページ」を作っていくことが出来ると感じます。方向性にもよりますが、

・組織変更に伴いサイトの内容が変わった

現代のビジネスモデルにおいて、サイトの情報と、実際に会社がやっていることがずれていた場合、ユーザーと企業の間に「認識のズレ」が生じてしまいます。短期間の変更であれば、リニューアルではなく、コンテンツの更新でも良いかもしれません。


ホームページを運営するに上で、ユーザーの求めている最新の情報を掲載することは当然であり、競合と比べた時の優位性・有益性をサイト上で表現することでユーザーは企業の「今」を知ることが必要なんです。

それが企業イメージや信用・信頼に繋がり「ユニークユーザー」を増やす手段になってきます。

・レスポンシブの採用を考えた時

今や多くの方は、閲覧方法がPCではなく、スマホやタブレットがほとんどになってきました。スマホなどの端末が当たり前の時代になり、GoogleではPCからの流入数よりスマホからの流入数が上回りスマホが優位されています。

会社、店舗の方向性を考え、優先的にリニューアルを考えてもいいと思います。

運営する側は時代に合わせてサイトのあり方にも柔軟な対応しなくてはいけない時代になりました。

そんな自体に柔軟に対応された企業が、利益を伸ばしているのではないでしょうか。そんな多様さに適用しているユーザーが見やすい導線を作ることで「問い合わせ」や「資料請求」などの成果につながっていくのではないでしょうか。

・サーバやシステムの利用期限が近づいている

ホームページを作成された際、ホームページを設置しているレンタルサーバの契約期間がある場合があります。契約期限にもよるので、余裕をもったリニューアル検討をしていきましょう。

また、開設当初よりもアクセス負荷が大きい場合、表示されなくなるなどの理由でサーバの移管が必要になるケースも考えられます。

そのまま新しいサーバへデータを引っ越すという方法もありますが、サイト全体を見直すきっかけになり、リニューアルを進めることがよくあります。


特に、近年クラウド型のサーバができたことで、アクセス状況に応じてサーバを拡張・増強が出来たりします。


セキュリティが重要視されるECサイトなどであれば、サーバ負担を予想しリニューアルが必要な場合もございます。

・機能が足りない、更新がしづらい

自社内でコンテンツの強化、発信をしていく場合、「機能が足りない」「更新しづらい」などの問題が発生することがあります。

近年、WordPressなどの最新CMS(コンテンツ・マネジメント・システム)を導入する会社が増え、更新スピードが上がり、ストレスなく誰もが簡単に更新できるようになっています。

もし、まだ、CMSの導入をせず、下記のような、問題が発生している場合は、検討をお早めにしたほうがいいと思います。

  • ・更新にひとりで悩んでいる
  • ・外注先に依頼しないと更新できない
  • ・コンテンツを増やすとデザインの一貫性が欠ける
  • ・自分のタイミングで、公開、削除がスムーズに出来ない

結果、全体的な仕事の効率もあがると思います。

・良い人材が来ない

就職希望者は必ずと言って良いほど、企業情報が載っているホームページを見ます。

サイト自体ないと企業を知ってもらう機会を失い、またサイトはあっても機能しておらず、そのままの状態ではマイナスイメージを与えてしまいます。


就職希望者は、自分が働きたいと思える企業か?企業としての将来性やビジョン・魅力が感じるか?有望な人材ほど、情報を集め企業を選定しています。


サイト内で企業の魅力をしっかりと訴求することが、大事ですし。

入社後のギャップがないように仕事内容を正しく記載しとくことで、退職率を下げることにもつながると思います。

リニューアル時の注意点

事前に、リニューアルする際の注意すべきことを抑えておきましょう。

・ドメイン(URL)を引き継ぐことができるか

契約時に確認すべきポイントですが、通常ホームページのドメインは利用している会社に所有権があります。無料のホームページを使っていたり、制作会社によってはドメインの所有権を保持されていることもあります。注意してください。

・アクセスは落ちないか

ホームページを運用していて、リニューアルを行う際に、依頼者側で心配となるのが、アクセスは落ちないか?という点です。

SEO対策をしっかりしていて、URLも同一にするなど、基本的なことを抑えて対応することで、アクセスが一時的に落ちたとしても、すぐに盛り返すことが出来るので問題はありません。

注意:(ドメインを変更する際はアクセスが戻るまでに少し時間がかかります。)

・ホームページのドメインは変えても良いか

リニューアル時、なるべく、ドメインは変更しない方が良いです。ですが、ドメインの所有権が他社にある場合、権利を引き渡してくれないことがあり、トラブルになったとうケースがあります。確認を取りましょう。

もし、権利を引き渡してくれない場合は、新しくドメインを取って新規でホームページを作っていく方法しかありません。0からのスタートになってしまいます。。

ホームページを活用していきたいなら、ドメインは自社で管理できるような体制にしていく形にした方が好ましいでしょう。

・現在のホームページの情報を新しいホームページに反映できるか

ホームページ制作をされた制作会社や広告会社によりますが、掲載しているテキスト・画像・イラストをリニューアルしても利用出来るかは、著作権の関係で、確認を必ず取りましょう。

3.サイトのリニューアルも大事だが、記事コンテンツのリライトも必要

ホームページをリニューアルした際、ブログ(記事)のリニューアルも一緒にされる方がいます。

双方のリニューアルをすることで、最終的にサイトのパフォーマンスを向上させるとが出来ます。

わかりやすいように私も過去の記事をリライトしてみましたので、是非ご覧ください。

リライトとは

まず、リライトとは何か、説明していきます。

ブログ(記事)のリライトとは、ユーザーの利便性を考慮し、既存のブログ(記事)の内容を新たに書き換えることを指します。

記事や論文などの文章を編集し、あたらな内容に書き換えて刷新するため編集するテクニックになります。

今の時代、コンテンツが重要視されている中で、このブログのリライトを主要な対策として取り入れていくことが、SEO効果を高め、検索アクセス数やサイトパフォーマンスを向上させることができ、重要視されています。

リライトする前に意識すること

リライトをする前に意識しなければいけないポイントは、「ユーザーファースト」を考慮してコンテンツの内容や画像を書き換えることです。

実は、この「ユーザーファースト」は、Googleの公式で公言してるほど重要で、Webページが評価されるための重要な要素として考えられています。

そのため、自分の書きたいことだけ書いたブログ(記事)は、特に、ユーザーファーストではないので、薄っぺらい内容のコンテンツとGoogleは評価し、SEO評価には関係してきません。

このことを、是非、リライトする前に意識し、ユーザーファーストを考慮したWebページを提供することを考えリライトを進めてみてください。

4.以前の記事を一部リライトしてみた!①

リライトしたポイント

  • ・調べた内容・原文は単語も含め理解する
  • ・記事をしっかり読み、リライトの際は参考記事は見ない
  • ・内部リンクの見直し

変更した内容

ホームページ制作会社に依頼する方向けへの注意点をまとめた記事になります。変更した内容は、リニューアルする方向けへの記事を追記したこと。内部リンクを見直し設置した2点になります。

8.自分が今ホームページを作る目的を設定する

目的を設定するに当たって、リニューアルする際も必要とされること追記しました。

主に、これからホームページを制作する方に向けて書いた記事ですが、リニューアル検討されている方や、今後の必要となる知識のため、ホームページ制作を予定している方に見てもらえるよう記載しました。

また、リニューアル検討している方には、より具体的にリニューアルについて書いた記事に飛んでもらえるようリンクを設置し、再度検索し直すことのないリンクを設置しました。

5.以前の記事を一部リライトしてみた!②

リライトしたポイント

  • ・調べた内容・原文は単語も含め理解する
  • ・記事をしっかり読み、リライトの際は参考記事は見ない
  • ・誰に向けての記事なのかを明確にする
  • ・内部リンクの見直し

変更した内容

上記、記事にて、一部リライトをしてみました。

2.CMSの種類(WP、オリジナルCMS、HTMLベタ書き)

リライトした記事では、ホームページ制作依頼をする方の中で、Wordpressでの制作を考えている方へ向けた注意点をまとめた記事になります。

その中で、今回リニューアル記事との関係を考えたところ、CMSの種類は様々ありますが、これから運用していく中で、ラクして運用出来るものはと思い、記事をリライトしてみました。

内容は、リニューアル時、Wordpressの利便性になります。その他、CMSにも関係してくることだと思いますが、今だけを考えて制作をしていくのではなく、今後長い目で見て、制作依頼をしたほうが安心ですよね。

実際依頼する方って、今しか見ていないと思うので、早めに気づけたほうが、今後失敗しないと思いますし、めっちゃ悩んでいる方は、失敗しないで助けたいと思うので、参考にしてもらえたらと思います。