コンテンツマーケティングを始める方向けの費用と相場の基本

コンテンツマーケティングという言葉を聞いたことがある人も多いと思いますが、今さら、コンテンツマーケティングについて、恥ずかしくて質問できない人も多いかと思います。

今回の記事では、もう一度、コンテンツマーケティングとはどういうものなのか、もう一度詳しく知りたい方を目的に記事を作成しました。

読み終わった頃には、コンテンツマーケティングとはどういうものなのか、明確になっていることでしょう。

1.コンテンツマーケティングとは?

コンテンツマーケティングとは、ターゲットユーザーをウェブサイトへ呼び込んでファン化し、問い合わせや商品購入などの行動へつなげるマーケティング施策のことを言います。

お伝えした「価値あるコンテンツ」とは「ユーザーが知りたい情報を分かりやすくまとめたコンテンツ」のことを言い、このコンテンツマーケティングを成功させるためには、「ユーザーが知りたい情報」つまり「ユーザーが抱えている悩みを解決する情報」をウェブサイトへ継続的に掲載していくことが必要になります。

「ユーザーが知りたい情報」をウェブサイトに蓄積することによって、ユーザーに役立つ、信頼性のあるサイトになります。

コンテンツマーケティングとコンテンツSEOの違いは?

マーケティング用語の中でも、分かりづらいのが、コンテンツマーケティグとコンテンツSEOになります。

その他にもマーケティング用語はありますが、今回は、コンテンツマーケティングとコンテンツSEOの二つに絞って、何が違うのかを紹介します。

この二つのマーケティングに絞った理由は、このコンテンツマーケティングとコンテンツSEOを混同する人が多いからです。

実際は、施策内容や目的がことなりますので、最初に理解してもらいたい内容になります。

大枠をお伝えすると、コンテンツマーケティングは、「ターゲットになる見込み顧客に対して価値のあるコンテンツを適切なタイミングで提供し、購買行動を起こさせるためのマーケティング施策」になります。

一方で、コンテンツSEOは、「ターゲットになるサイトやサービスを知らない見込み客に対して、価値あるコンテンツを定期的に提供することで、ウェブサイトのSEOを改善しウェブサイトへの流入を増やすための施策」になります。

そのため、コンテンツSEOは「自然検索で、よりウェブサイトを上位表示させるために多くのキーワードを使い、検索結果に上位表示させる施策」になります。

この点が、コンテンツマーケティングとコンテンツSEOの大きな違いになります。

2つのマーケティングは、同じ意図になりますが、さらに細かくなると、目的は、ウェブサイトの流入を増やすことになります。

よって、コンテンツSEOはコンテンツマーケティングの中の一つの手法ということになります。

SEO対策についてはこちらの記事をご覧頂けたらと思います。

次に、目的や手法など、マーケティングをすることによって、何が違うのか項目別で見ていきましょう。

・ターゲット

一番の違いを理解してもらうには、ターゲットが分かりやすいと思います。

コンテンツマーケティングとコンテンツSEOでは、見込み顧客がターゲットになります。

特にコンテンツマーケティングは最終的な購買まで繋がる施策になるまでは、見込み顧客や、潜在層顧客、顕在層顧客がターゲットになります。

しかし、コンテンツSEOは、自分のウェブサイトやサービスを知らないユーザーへのアプローチする施策になるので、潜在層が主なターゲットになります。

・目的

コンテンツマーケティングは購買までに繋がる施策になるため売上アップが目的です。

コンテンツSEOは、自然検索経由からのサイトへのアクセス数の増加が目的になります。

手法

コンテンツマーケティングは検索エンジンからの流入の他に、メルマガやSNSなどによる情報発信が手法としてあります。

ですが、コンテンツSEOは、検索エンジンからの自然検索からの流入が手法になります。

コンテンツ内容

コンテンツマーケティングは、SNSやメルマガと手法が変わるので、テキストや動画の作成など、クリックしたくなるような作成が重要になります。

コンテンツの中身がことなります。

一方で、コンテンツSEOは、検索エンジンにて流入を増加される目的になるため、流入を増やせるテキストコンテンツの作成が必要です。検索ニーズのある内容で作成することが条件になります。

なぜコンテンツマーケティングという言葉が生まれたのか?

近年、検索エンジンの評価はコンテンツ内容を重視していると耳にすることが多いと思います。

以前は外部リンクの貼っているサイトが上位表示されやすい傾向にありました。リンクの大量サイトや上位表示したいページへ貼る企業が多くありました。

そのため、各ページのテキスト内容もそこまで重要ではありませんでした。

しかし、意図的な外部リンクが貼ってあるサイトへペナルティを与えるパンダアップデートや低品質なコンテンツを掲載しているサイトへペナルティを与えるペンギンアツプデートと呼ばれる、アルゴリズムの変更が、Googleであったため、コンテンツ内容の品質が重要視されるようになりました。Googleが品質の良いコンテンツを評価するようになったのです。

ウェブサイトを上位表示するためには、

ユーザーにとって有益のある情報を意識したコンテンツを作成し、ウェブサイトを運営していくことが、重要になります。

コンテンツの重要性と共に、ユーザーの購買行動にも変化が??

前述した検索エンジンの評価が変わっただけでなく、ユーザーの購買行動にも変化があります。

ユーザーの購買行動にも変化があることも覚えておきましょう。

ユーザーの購買行動の変化を下記のように言われています。

ひと昔前は、マスメディア時代「AIDMA」、インターネット時代には「AISAS」、ソーシャルメディア時代には「AISCEAS」になります。

マスメディア時代のAIDMA

  • Attention(注意)
  • Interest(興味)
  • Desire(欲求)
  • Memory(記憶)
  • Action(購買)

多くの企業はテレビやラジオ、新聞などのマスメディアを利用し、興味(Interest)を持たせる内容を発信していました。ユーザーはこの発信によって、商品・サービスを手にしたいという欲求(Desire)が生まれていました。

次にインターネット時代が訪れます。

インターネット時代のAISAS

  • Attention(注意)
  • Interest(興味)
  • Search(検索)
  • Action(購買)
  • Share(情報共有)

インターネットの登場によりユーザーは検索エンジンを利用して様々な情報を調べるようになりました。

これにより、広告などを利用しユーザーへ注意(Attention)を引くようにした商品・サービスの発信が多くなり、その中からユーザーは興味(Interest)を持った商品・サービスを自ら調べる(Search)という行動に変化が生まれたのです。

その情報をもとに購買(Action)するようになりました。

そして、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)の時代に変わっていきます。

ソーシャルメディア時代のAISCEAS

  • Attention(注意)
  • Interest(興味)
  • Search(検索)
  • Comparison(比較)
  • Examination(検討)
  • Action(購買)
  • Share(情報共有)

次に変化が生まれたのは、Twitter、Facebookなどのソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)の登場です。

それと同時にスマートフォンの普及がありました。

これによりユーザーは外出先でも検索できるようになり、SNSを利用して友人とコミュニケーションを取る機会が生まれました。そのため、ユーザーには、新たに比較(Comparison)と検討(Examination)の行動ができるようになったのです。

さらに、商品・サービスを利用したユーザーは自分のブログやサイトへ情報を掲載したり、自分のSNSにアップするようになりました。そのため、ユーザーはSNSの情報を参考にしながら比較(Comparison)できるようになり、商品・サービスの検討(Examination)し、納得した商品・サービスを購買(Action)という購買行動に変化が生まれたのです。

このような購買行動の変化がどのようにコンテンツマーケティングに関係していくるのかを説明したいと思います。

コンテンツマーケティング時代のDECAX

  • Discovery(発見)
  • Engage(関係構築)
  • Check(確認)
  • Action(行動)
  • Experience(体験と共有)

コンテンツマーケティングの購買行動は、先程、お伝えしたソーシャルメディア時代のAISCEASとはことなります。

コンテンツマーケティングの登場によりユーザーの購買行動もさらに変化したと言えるでしょう。

今までは、企業(店舗)がユーザーの注意(Attention)を引き、購買行動を起こさせるのが主体でしたが、ユーザーからの発見(Discovery)が購買行動引き起こすきっかけになっていました。

それは、消費者が検索エンジンを利用して、自分のほしい情報を発見するようになったためです。これにより、企業(店舗)は他社に比べてユーザーにとって有益な情報をいくつも掲載したり、定期的に更新したりすることでユーザーとの関係構築(Engage)を築くことも必要になったのです。

そして、記事を読んだユーザーは「この情報は信頼できるのか?」などの感情を抱き、口コミや比較サイトなどで確認(Check)行動が生まれるのです。

さらに、情報に対して信頼感が持てた際に購買行動(Action)するようになりました。そして、今までは情報共有(Share)まででしたが、利用してみた体験談や感想を踏まえて体験と共有(Experience)をするようになったのです。

2.コンテンツマーケティングの費用相場の概要

コンテンツマーケティングについては理解できましたでしょうか?では、実際に企業にお願いすると費用はどのぐらいかかるのか相場を見ていきましょう。

コンテンツマーケティングの費用・相場の概要

費用相場は会社によってことなります。コンテンツマーケティングの費用は多くの場合「提供している作業の範囲」で金額か変わりますので、注意してみていきましょう。

まず、相場観です。

相場月額10万以下月額10万〜30万月額30万〜50万
サービス記事制作のみCMS設置・記事制作・アクセス解析戦略設計・CMS設置・記事制作・アクセス解析
目的記事作成をお願いしたい基本となるマーケティングをお願いしたい戦略からマーケティングをお願いしたい
発注先記事制作会社制作会社・CMSベンダーCMSベンダー・マーケティング会社

月額10万円以下

  • オウンドメディアなどの施策を自社で準備できる場合
  • コンテンツの内容や本数に応じた費用体系で依頼したい場合
  • プランニングは自社で行う、もしくは制作会社でやりたい

既にオウンドメディア自体の構築は済んでおり、運用方針も定まっている場合に依頼する企業(店舗)が多い傾向です。

月額10万円〜30万円

  • WordPressの設置やツールの提供をしてもらいたい
  • 運用初期からお願いしたい
  • 決められた本数のコンテンツ制作を依頼したい

こちらの価格帯では、記事などのコンテンツ制作だけでなくCMSやマーケティングツールの設置を依頼できることが多くあります。
限られた予算の中で環境整備をしたい方、コンテンツ制作まで依頼したい方にオススメの相場になります。
コンテンツマーケティングの基本的な作業内容が含まれます。(メディア制作の他、CMSの初期設定とSEO対策支援・アクセス解析などになります)

月額30万円〜50万円

  • コンテンツ構築からフルサポートで対応してもらいたい
  • アクセス解析など専門的な見地から支援を受けたい
  • マーケティング・コンサルティングもしてもらいたい

コンテンツマーケティングの「戦略設計」の部分からしっかりサポートを受けたい場合にオススメの相場です。マーケティング会社やコンサルティング会社の支援は、この価格帯が相場になります。

戦略設計や運用支援を受けられるため、コンテンツマーケティングを何から始めたら良いのかわからないといった方にも適しています。

3.コンテンツマーケティングの費用・相場で重要なポイント

理解しないと失敗するポイント

コンテンツマーケティングを依頼するには、下記のポイントを押さえておくことが必要です。ポイント別でまとめましたので紹介します。

  1. ペルソナなどの戦略設計
  2. オウンドメディア構築
  3. コンテンツ制作
  4. SEM(SEO対策・リスティング)

1.ペルソナなどの戦略設計

コンテンツマーケティングは闇雲にコンテンツを公開すれば成果に繋がるわけではありません。しっかりした設計が重要になります。


自社の商品やサービスを「誰に」対して、どういう「行動」を促すのか、その結果、自社は何の「成果」を得られるのかを明確にしましょう。

戦略設計では、それらを明確にするべくペルソナ策定などコンテンツ企画のプランニングなどをします。

ペルソナとは:商品・サービスを利用する顧客の中で最も重要な人物モデルのことになります。

2.オウンドメディア構築

オウンドメディア構築は、一から立ち上げることを意味します。
多くの場合、WordPressやDrupalのようなオープンソースのCMSをベースとして自社にカスタマイズします。独自のCMSで提供している業者もあります。

CMSやWordpressについて、詳しく知りたい方は、こちらの記事で説明しています。

オウンドメディア構築とは:簡単に説明すると、「Owned = 所有する」メディア、つまり「自社が所有するメディア」を意味します。

3.コンテンツ制作

コンテンツ制作は、記事やランディングページなどのテキストコンテンツ。動画などを自社で公開するコンテンツを制作することを言います。

コンテンツ制作の場合、下記のようなものが一般的になります。

  • ブログ記事
  • ランディングページ
  • SNSや運用型広告向けのイラスト
  • 動画や映像

訴求したい商材や、コスト感に併せて制作するコンテンツになりますし、業者により、得意とする分野、不得意な分野があり、業者によってまちまちです。ここでも重要なのは、目的です。最初に決めた目的に沿って、最適な業者選びをしていきましょう。

ランディングページとは:ランディングページ(landing page)とは、直訳すれば着地ページを指し、ユーザーが最初に訪問するWebページのことを言います。

4.SEM(SEO対策・リスティング)

SEMとは、サーチエンジンマーケティングの略称です。
検索エンジンからのコンテンツへの流入、ユーザーへの認知や購買喚起を促すために実施します。前述では、コンテンツマーケティングとコンテンツSEOの違いをお伝えしました。

検索結果の上位表示施策「SEO対策」やリスティング広告などの運用型広告を言います。

4.注意したいポイント

続いて、実施する上で注意しておくべきポイントをお伝えしていきます。

ポイントは5つになります。一つずつ見ていきましょう。

ポイントは、

  1. 短期的な成果で継続の判断をしないこと
  2. 記事の量産は時代遅れ!!
  3. 動画や漫画(イラスト)、SNSなどのコンテンツ
  4. 目的に合わせた成果指標に施策する
  5. 重要な法律の知識

になります。

1.短期的な成果で継続の判断をしないこと

コンテンツマーケティングは広告施策やプッシュ型のマーケティングと比べて成果を出すまでに時間がかかります。コンテンツを公開するだけではユーザーの目に触れることはないからです。地道にコンテンツを蓄積する必要があります。

オウンドメディアの場合は、開始当初は媒体にストックされているコンテンツ数が少ないので、そもそもユーザーの認知や関心を高めることは期待できません。
そのため、中長期で運用し効果検証を行い。その上で施策の継続判断をするのがベストです。

2.記事の量産は時代遅れ!!

コンテンツマーケティングはかつて、オウンドメディア運用は記事の網羅性や、単純な文字数によって成果を狙うといった手法でした。
これは、検索エンジンのアルゴリズムが未熟で、量が多いほど質が高いと判断されていたためですが、現在は違います。

現在では、コンテンツの内容や信憑性までを検索エンジンが判断すると言われており、単に量産すれば成果がでる状況では無くなっています。
企画の切り口やコンテンツの質、そして信頼性の担保などが現代のコンテンツマーケティングには必要になります。

3.動画や漫画(イラスト)、SNSなどのコンテンツ

コンテンツマーケティングで代表的なことは、オウンドメディアを立ち上げ記事を更新していく手法です。しかし、コンテンツとは必ずしもテキストの記事だけではありません。

例えば、SNS用の動画。スマートフォンが幅広い年齢層に浸透し、動画配信サービスが人気を集めています。ネット検索も、パソコンよりもスマートフォンが多い傾向です。SNSでは、バズる(大規模な拡散)という言葉があります。
動画や漫画など様々なコンテンツでのアプローチを検討してもいいと思います。

4.目的に合わせた成果指標に施策する

コンテンツマーケティングの成果は、その企業によってさまざまであることを覚えておきましょう。


例えば、問い合わせを目的とするのであればコンバージョン率を指標としますが、認知であればPV数、新規セッション数、読了率などの掛け合わせが必要になります。

  • 目的に合わせて、何の指数を達成すれば成功かを事前に決める

この点を決めた上でコンテンツマーケティングを進めることが重要です。

5.重要な法律の知識

コンテンツマーケティングには、さまざまな法律が関係しています。

その中で、今回は2つの法律を引用で紹介したいと思います。

著作権法

文化の発展に寄与することを目的として、著作物並びにその実演、レコード、放送および有線放送についての著作者とそれに隣接する諸権利を保護することを定めた法律。文化庁が所管官庁。技術進歩に伴う利用形態の多様化や複雑化を背景とした権利者間の利害の調整あるいはグローバル化を踏まえた国際間の権利の整合性を図るために累次改正が行われている。

著作物の対象は小説、音楽、絵画、地図、映画、写真、プログラム等のほか二次的著作物や編集著作物、データベースなど広範囲に及ぶ。権利の内容としては、著作者の固有の権利である著作者人格権(公表権、氏名表示権、同一性保持権)と著作物に対する権利としての複製権、上演権、演奏権、上映権、公衆送信権、展示権、頒布権、譲渡権、貸与権、翻訳権などがある。日本では、著作権の成立について無方式主義をとり、権利期間は原則としてその創作から著作者の死後50年間。ただし、映画については公表後70年間である。

デジタル社会、インターネット社会を迎えて、著作物の進化した多様な利用形態に応じて権利者保護を図っていく一方で、著作物の利用を過度に萎縮(いしゅく)させないように利用者の利便性の向上を促進することは喫緊の課題であるとともに難しいテーマとなっている。

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

個人情報保護法

氏名、生年月日、性別、住所など個人を特定し得る情報を扱う企業・団体、自治体などに対して、適正な取り扱い方法などを定めた法律。2005年4月に全面施行された。相次ぐ個人情報の不正利用や情報漏えいに対する社会的不安を軽減し、個人の権利と利益を保護するのが狙い。個人情報の適正な管理、利用目的の明確化、不正取得の禁止などが定められているほか、本人による情報の開示、訂正、削除等の権利行使も認めている。違反した場合は行政命令の対象となり、これに従わない場合には罰則規定(6カ月以下の懲役か、30万円以下の罰金)がある。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典

5.費用削減できるポイント

自分でペルソナや企画を行う

外注で委託することを前提とし、削減するために自分でやる場合は、ペルソナ・企画の項目を自分でやってしまうことが手っ取り早いです。

コンテンツマーケティングで対象になるユーザーのニーズを満たすのが、何なのかを知っているいるのは、依頼者であるあなただからです。企画というものは、本来その商品のマーケティングを担っているかたが一番わかっているからです。

外注で委託する場合は、商品、サービスの説明を一からしなくてはいけません。自社の人のように商品、サービスを分かった状態からのスタートだからです。

ペルソナ・企画を自分でやった場合、執筆・コンテンツ制作・コーディング反映のみで済むため、費用は抑えられます。

しかし実際は、マーケティング担当者がその部分まで時間を割くことが出来なかったりするため、安易に外部に委託してしまうことが多いです。その結果、安易に外部に委託をしてしまうことで成果が出ずに無駄な費用をかけただけで終わってしまうのです。

コンテンツリサイクルをする

コンテンツマーケティングを始められている方向けの話になります。

過去に制作した記事の文章を元に動画を制作したりといった、「コンテンツリサイクル」を活用している企業(店舗)が増えています。

メリットとしては、制作コストを削減できる、さまざまなタイプのカスタマーへリーチが可能になるといったことがあげられます。

ゼロからコンテンツを作るのに比べて、以前に作られた記事を代用して制作するので、コストの大幅削減につながる点と、見込み客であるコンテンツの読者には、様々なタイプが存在するため、ブログ形式で発信したコンテンツを動画やスライドショーなど、ことなるフォーマットに変えて配信することで、いままでリーチできていなかった層に市場を広げられることが可能になります。

そのため、コンテンツリサイクルには、「こうでなければ」的なルールもなく、自由に計画を立てられます。まずは、これまでに制作したコンテンツを見直して、再利用の考えをもつことも方法の一つとして考えてみてください。

6.コンテンツマーケティングを依頼する場合の業者一覧(埼玉県、東京都、群馬県)

埼玉県

スマートスタイル・コンプレックス株式会社

TEL048-711-8868
住所埼玉県さいたま市浦和区高砂2-12-12 あづまビル3FB
URLhttps://ss-complex.com/

My Island

TEL090-3146-0264
住所埼玉県熊谷市大原1丁目22-16 バルパレーニューハシモト103
URLhttps://myisland.jp/

Simil Design

TELフォームよりお問い合わせ
住所埼玉県上尾市
URLhttps://www.simildesign.com/

群馬県

株式会社 群馬読売IS

TEL027-253-2304
住所 群馬県前橋市下新田町63
URLhttps://www.gyis.co.jp/

株式会社ブレインファーム

TELフォームよりお問い合わせ
住所群馬県前橋市上泉町1135番地上泉コーポ203
URLhttp://www.brain-f.com/

株式会社TheNewGate

TEL050-5438-6043
住所群馬県高崎市小八木町312-15
URLhttps://www.thenewgate.co.jp/

東京都

ナイル株式会社

TEL03-6409-6766
住所東京都品川区東五反田1-24-2 東五反田1丁目ビル7F
URLhttps://cont-hub.com/

株式会社イノーバ

TEL03-4405-7431
住所東京都文京区小石川一丁目4番1号 住友不動産後楽園ビル18階
URLhttps://innova-jp.com/

株式会社日本SPセンター

TEL03-3406-5836
住所東京都渋谷区東1-26-20 東京建物東渋谷ビル5階
URLhttps://nspc.co.jp/

株式会社才流

TELフォームよりお問い合わせ
住所東京都千代田区鍛冶町1-10-6 BIZSMART 9階
URLhttps://sairu.co.jp/

株式会社ストロボ

TEL03-6403-0823
住所東京都港区麻布十番 1-5-10
URLhttps://www.strobo-inc.jp/

7.まとめ

どうでしたでしょうか?コンテンツマーケティングとはどういうものなのか?

コンテンツマーケティングの重要性が改めて、もしくは、初めて理解できたかと思います。

もちろん、自分でできる部分もありますが、コンテンツマーケティングの重要性を考える、業者への依頼を検討する必要も出てくると感じます。

必要であれば、業者選定の内容を参考にしてください。

何が重要で、自分のウェブサイトをどのようにしていきたいのか?改めて、考え、目的を明確した上でコンテンツマーケティングを進めていきましょう。

その進めるきっかけに、この記事が少しでも関係してもらえたらと思います。